「バレエ教育現場との連携による日本におけるバレエ教育システムに関する研究」
ニュース

2017年12月25日 ニュース お知らせ

バレエ研究所プロジェクト研究員 薄井憲二先生がご逝去

本バレエ研究所プロジェクト研究員の薄井憲二先生が12月24日にお亡くなりになりました。
研究所一同、心より哀悼の意を捧げます。
薄井先生はバレエ研究所の活動を、長いあいだにわたり温かく見守ってくださいました。
日本バレエ界が失ったものを考えると、所員一同、言葉もありません。

薄井憲二先生は2011年に、バレエ研究所公開講座「日本バレエの創成期を語る」で貴重なお話しをしてくださいました。
バレエを始められたきっかけやシベリア抑留、バレエテクニック等、さまざまな話題に触れられています。
お話しの詳しい内容は、
http://www.tosei-showa-music.ac.jp/balletresearch/work/work_h20_h24/project6.html
(iii)公開講座「日本バレエの創成期を語る―日本におけるバレエ教育の成立と変遷」報告書
PDFファイルの48ページからをどうぞご覧ください。

前のページに戻る