「バレエ教育現場との連携による日本におけるバレエ教育システムに関する研究」
文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
バレエ情報センター機能の構築
(2015~2019年度)

研究報告

1.バレエ情報・資料整理グループ

国内外のバレエ関連資料の収集

国内外のバレエに関する資料の収集を随時進めている。

2.デジタルアーカイヴグループ

「バレエアーカイヴシステム」の構築

国内で上演されたバレエ公演情報を蓄積するため、これまでバレエ研究所で寄贈を受けた公演プログラムやバレエ研究所が所蔵している公演プログラム等をデジタルアーカイヴ化することでバレエ公演情報の統合管理を可能にし、公演情報だけでなく他のバレエ関連資料とも紐づけられたバレエアーカイヴシステムを構築する予定である。

3.国内外バレエ環境調査グループ

国内外におけるバレエ環境の情報を収集・調査している。

国内のバレエ環境調査

(ⅰ)『バレエ教育に関する全国調査2016』の実施
国内のバレエ環境の把握を目的とし、全国のバレエ教室とバレエを指導内容に取り入れている組織・団体4,793件を対象にバレエ生徒数や教師数、海外のバレエ学校やバレエ団に所属する生徒数など、バレエ教育的側面からバレエ環境についてのアンケート調査を実施した。その結果、回収率32.5%、1,557件の回答を得ることができた。 本調査で回収した調査票のデータ集計と基本的な統計分析を行い、昭和音楽大学でおこなわれた日本音楽芸術マネジメント学会にて調査結果について発表した。今後も、さらに調査結果をさまざまな角度から分析をしていく。
また、「バレエ教育に関する全国調査2016」の調査内容をまとめたリーフレットを作成し、本調査にご協力いただいたバレエ教育機関、バレエ関連団団体に送付した。
※入手をご希望される方は、バレエ研究所までご連絡いただくか、右画像をクリックしてダウンロードのうえご覧ください。
2016/12/18(土)学会発表 日本音楽芸術マネジメント学会において、小山所長、海野研究員が口頭発表
学 会:日本音楽芸術マネジメント学会 第9回冬の研究大会
会 場:昭和音楽大学南校舎
論 題:日本のバレエ教育環境の実態分析-『バレエ教育に関する全国調査』基本報告
発表者:小山久美、海野敏(口頭発表)
2016/11「バレエ教育に関する全国調査2016」の集計結果の分析を開始
2016/10「バレエ教育に関する全国調査2016」の回収済み調査票の集計作業を開始
2016/09/05(月)
~09/30(金)
「バレエ教育に関する全国調査2016」を実施
(ⅱ)『全国バレエコンクール調査2016』の実施
日本では数多くのバレエコンクールが開催されているが、その実態やコンクール数、コンクール応募者総数等は明らかにされていない。バレエ学習者総数は約40万人であることが明らかになったことや(平成23年度 昭和音楽大学バレエ研究所調べ)、近年、海外の有名コンクールで日本人ダンサーが上位入賞したこともあり、バレエコンクールは社会的に高い関心を集めている。これまで明らかにされていなかった日本国内のバレエコンクールの現状(実態)を把握するため、日本国内で開催されている106件のバレエコンクールについて調査を実施した。調査結果については、現在集計をおこなっており、今後も深く分析を行う。
(ⅲ)海外のバレエ環境調査
海外のバレエコンクールの現状や海外のバレエ団で活躍する日本人ダンサーの数など、バレエ環境をめぐる調査を進めている。