昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
大学_ウインドシンフォニー2016バナー
ウインドシンフォニーコース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生

講習会

5/7(日)

オープンキャンパス

5/20(土)
テキストの色がタブに反映されます→文字色
ウインドシンフォニーコース新設
世界に通用する芸術性の高いアンサンブルを究め、
指揮法や教育法までを体系的に学修


バンドディレクターとしての学修
世界各国における吹奏楽の歴史や文化、作品や様式を理解し、バンドディレクターに必要となる指揮法や指導法、学修レベルに応じた段階的な練習方法などを実践的に学びます。

芸術性の高い吹奏楽を追究
専攻楽器の実技個人レッスンでは、プロの奏者として活動するための演奏技術や表現を修得していきます。合奏では、様々な形態で芸術性の高いアンサンブルを追究します。

海外の潮流を知り、広い視野で活動
吹奏楽指導の分野で全米一の名声を誇るユージーン・コーポロン氏など、本学では毎年、一流の奏者、指導者を招聘しており、吹奏楽の世界的な潮流に触れ、学ぶ機会も豊富です。

学科info

多くの卒業生がプロとして活躍しています

本学からは、多くのプロの奏者を輩出しています。中でも東京佼成ウインドオーケストラには本学卒業生が4名在籍しており、成長し続ける吹奏楽の分野においても活躍しています。

P36Info_fukui

福井 弘康(ファゴット)

P36Info_matsusyo

松生 知子(クラリネット)

P36Info_oota

太田 友香(クラリネット)

P36Info_hara

原 浩介(クラリネット)

ウインドシンフォニーコース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目(必修・選択)、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • 器楽Ⅰ①
  • 合奏Ⅰ①
  • ピアノⅡ①
  • ハーモニー演習①
  • 西洋音楽史Ⅰ
     
  • 器楽Ⅰ②
  • 合奏Ⅰ②
  • 器楽の歴史と作品
  • 器楽Ⅰ③
  • 合奏Ⅰ③
  • 指揮法Ⅱ①
  • 作曲・編曲法Ⅰ
  • 器楽Ⅰ④
  • 合奏Ⅰ④
  • 指揮法Ⅱ②
  • 作曲・編曲法Ⅱ





  • 基本ソルフェージュ①~③  ・聴音・視唱ソルフェージュ①~③  ・鍵盤ソルフェージュ①~③  ・総合ソルフェージュ①~③



  • 声楽Ⅱ①
  • 合奏Ⅲ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • リトミック①
  • 合唱①
  • 音楽基礎演習
  • ポピュラー音楽概論
  • 楽器研究
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 簿記・会計入門
  • 発達心理学
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台芸術概論
  • 障がい児教育概論
  • 音楽療法概説
  • パフォーマンス①
     
  • 室内楽Ⅰ①
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • 合奏Ⅲ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • リトミック②
  • 合唱②
  • ハーモニー演習②
  • 経営学
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 医学概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • オペラの歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • 舞踊の歴史と作品
  • ステージマネージャー演習①
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 管弦楽概論
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • コンピュータ音楽概論
  • 音楽心理学
  • 社会福祉概論
  • 介護概論
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 指揮演習①
  • 室内楽Ⅰ②・Ⅱ①
  • ピアノⅡ③
  • インストゥルメンツⅡ①
  • 合奏Ⅲ③
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ
  • 伴奏法Ⅱ
  • 指揮法Ⅰ
  • スコアリーディングⅡ
  • ポリフォニー演習
  • 音楽美学
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 経営学Ⅱ
  • 看護学演習
  • ハーモニー演習③
  • 環境音楽論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽情報論
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • ステージマネージャー演習②
  • パフォーマンス③
  • フィールドインターンシップ①
  • 海外研修Ⅴ
     

  • 指揮演習②
  • 室内楽Ⅱ②
  • ピアノⅡ④
  • インストゥルメンツⅡ②
  • 合奏Ⅲ④
  • ステージマネージャー演習③
  • パフォーマンス④
  • フィールドインターンシップ②

Points!

P37合奏

合奏Ⅰ
オーケストラや吹奏楽での演奏を通じて、合奏の技術とマナーを身につけます。演奏会に向けての合奏練習のほか、特別講義としてベーシック・レパートリーやマーチについても学びます。

昭和ウインド・シンフォニー定期演奏会より
指揮:ユージーン・コーポロン。

P37指揮法

指揮法 Ⅱ
将来、吹奏楽等を指導する際に必要な指揮技術と指導法を学びます。指揮法の基礎となる重要な基本運動と、音楽表現のための楽曲分析や解釈を、段階的に修得します。

昭和ウインド・シンフォニーの活躍
「全 日本吹奏楽コンクール 課題曲合奏クリニック」DVDでは、福本信太郎准教授が曲目やアナリーゼについて解説をし、モデルバンドとして昭和ウインド・シンフォニーが出演。全国の 中学校・高等学校で指導の参考にされています。定期演奏会をライブ収録し毎年リリースしているCDは、最新作で15作目となりました。

P37DVD

全日本吹奏楽コンクール
課題曲合奏クリニック(ブレーン)

P37CD

昭和ウインド・シンフォニー
15作目のCD
「真島俊夫 富士山
~北斎の版画に触発されて~」
(カフアレコード)

Message from Professor

世界とのつながりを意識した広い視野を持って、
芸術性の高い吹奏楽の学修と研究を行います


吹奏楽は世界中で広く演奏され、進化を続けている非常にダイナミックな音楽分野で、社会的にも教育的にも、重要な意味を持つ活動として位置付けられています。そこで本学は2017年度に、芸術性の高い吹奏楽を学び、研究する、ウインドシンフォニーコースを開設します。このコースでは、一流の奏者を目指して演奏技術、音楽表現を追究するとともに、吹奏楽の歴史や文化、作品研究から教育法、指導法までを体系的に学修します。現場に則した実践的な学びを通じて、皆さんが吹奏楽界で活躍されることを期待しています。

合奏(吹奏楽)
後藤 洋 教授 Yo Goto

P37プロ

profile
日本管打・吹奏楽学会常務理事、日本バンドクリニック委員会顧問
21世紀の吹奏楽”響宴”実行委員、世界吹奏楽協会(WASBE)国際理事

資料請求
資料請求

受験生NAVI

ウインドシンフォニーコース

世界に通用する芸術性の高いアンサンブルを究め、
指揮法や教育法までを体系的に学修


バンドディレクターとしての学修
世界各国における吹奏楽の歴史や文化、作品や様式を理解し、バンドディレクターに必要となる指揮法や指導法、学修レベルに応じた段階的な練習方法などを実践的に学びます。

芸術性の高い吹奏楽を追究
専攻楽器の実技個人レッスンでは、プロの奏者として活動するための演奏技術や表現を修得していきます。合奏では、様々な形態で芸術性の高いアンサンブルを追究します。

海外の潮流を知り、広い視野で活動
吹奏楽指導の分野で全米一の名声を誇るユージーン・コーポロン氏など、本学では毎年、一流の奏者、指導者を招聘しており、吹奏楽の世界的な潮流に触れ、学ぶ機会も豊富です。

学科info

多くの卒業生がプロとして活躍しています

本学からは、多くのプロの奏者を輩出しています。中でも東京佼成ウインドオーケストラには本学卒業生が4名在籍しており、成長し続ける吹奏楽の分野においても活躍しています。

P36Info_fukui

福井 弘康(ファゴット)

P36Info_matsusyo

松生 知子(クラリネット)

P36Info_oota

太田 友香(クラリネット)

P36Info_hara

原 浩介(クラリネット)

ウインドシンフォニーコース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目(必修・選択)、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • 器楽Ⅰ①
  • 合奏Ⅰ①
  • ピアノⅡ①
  • ハーモニー演習①
  • 西洋音楽史Ⅰ
     
  • 器楽Ⅰ②
  • 合奏Ⅰ②
  • 器楽の歴史と作品
  • 器楽Ⅰ③
  • 合奏Ⅰ③
  • 指揮法Ⅱ①
  • 作曲・編曲法Ⅰ
  • 器楽Ⅰ④
  • 合奏Ⅰ④
  • 指揮法Ⅱ②
  • 作曲・編曲法Ⅱ





  • 基本ソルフェージュ①~③  ・聴音・視唱ソルフェージュ①~③  ・鍵盤ソルフェージュ①~③  ・総合ソルフェージュ①~③



  • 声楽Ⅱ①
  • 合奏Ⅲ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • リトミック①
  • 合唱①
  • 音楽基礎演習
  • ポピュラー音楽概論
  • 楽器研究
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 簿記・会計入門
  • 発達心理学
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台芸術概論
  • 障がい児教育概論
  • 音楽療法概説
  • パフォーマンス①
     
  • 室内楽Ⅰ①
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • 合奏Ⅲ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • リトミック②
  • 合唱②
  • ハーモニー演習②
  • 経営学
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 医学概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • オペラの歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • 舞踊の歴史と作品
  • ステージマネージャー演習①
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 管弦楽概論
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • コンピュータ音楽概論
  • 音楽心理学
  • 社会福祉概論
  • 介護概論
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 指揮演習①
  • 室内楽Ⅰ②・Ⅱ①
  • ピアノⅡ③
  • インストゥルメンツⅡ①
  • 合奏Ⅲ③
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ
  • 伴奏法Ⅱ
  • 指揮法Ⅰ
  • スコアリーディングⅡ
  • ポリフォニー演習
  • 音楽美学
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 経営学Ⅱ
  • 看護学演習
  • ハーモニー演習③
  • 環境音楽論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽情報論
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • ステージマネージャー演習②
  • パフォーマンス③
  • フィールドインターンシップ①
  • 海外研修Ⅴ
     

  • 指揮演習②
  • 室内楽Ⅱ②
  • ピアノⅡ④
  • インストゥルメンツⅡ②
  • 合奏Ⅲ④
  • ステージマネージャー演習③
  • パフォーマンス④
  • フィールドインターンシップ②

Points!

P37合奏

合奏Ⅰ
オーケストラや吹奏楽での演奏を通じて、合奏の技術とマナーを身につけます。演奏会に向けての合奏練習のほか、特別講義としてベーシック・レパートリーやマーチについても学びます。

昭和ウインド・シンフォニー定期演奏会より
指揮:ユージーン・コーポロン。

P37指揮法

指揮法 Ⅱ
将来、吹奏楽等を指導する際に必要な指揮技術と指導法を学びます。指揮法の基礎となる重要な基本運動と、音楽表現のための楽曲分析や解釈を、段階的に修得します。

昭和ウインド・シンフォニーの活躍
「全 日本吹奏楽コンクール 課題曲合奏クリニック」DVDでは、福本信太郎准教授が曲目やアナリーゼについて解説をし、モデルバンドとして昭和ウインド・シンフォニーが出演。全国の 中学校・高等学校で指導の参考にされています。定期演奏会をライブ収録し毎年リリースしているCDは、最新作で15作目となりました。

P37DVD

全日本吹奏楽コンクール
課題曲合奏クリニック(ブレーン)

P37CD

昭和ウインド・シンフォニー
15作目のCD
「真島俊夫 富士山
~北斎の版画に触発されて~」
(カフアレコード)

Message from Professor

世界とのつながりを意識した広い視野を持って、
芸術性の高い吹奏楽の学修と研究を行います


吹奏楽は世界中で広く演奏され、進化を続けている非常にダイナミックな音楽分野で、社会的にも教育的にも、重要な意味を持つ活動として位置付けられています。そこで本学は2017年度に、芸術性の高い吹奏楽を学び、研究する、ウインドシンフォニーコースを開設します。このコースでは、一流の奏者を目指して演奏技術、音楽表現を追究するとともに、吹奏楽の歴史や文化、作品研究から教育法、指導法までを体系的に学修します。現場に則した実践的な学びを通じて、皆さんが吹奏楽界で活躍されることを期待しています。

合奏(吹奏楽)
後藤 洋 教授 Yo Goto

P37プロ

profile
日本管打・吹奏楽学会常務理事、日本バンドクリニック委員会顧問
21世紀の吹奏楽”響宴”実行委員、世界吹奏楽協会(WASBE)国際理事

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP