昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

資格課程

音大で唯一「4種」資格課程を設置。学生のキャリアを強力にサポート。

教職課程  「教職に就きたい方」の資格取得のために。

取得できる教員免許状

昭和音楽大学

•高等学校教諭一種免許状(音楽)
•中学校教諭一種免許状(音楽)
•小学校教諭二種免許状(注)
注)本学の教職課程と同時に玉川大学通信教育部の実施する2年間の課程を修めることにより(要本学推薦)、在学中に取得することが可能です。
(詳細は教務課までお問い合わせください)

昭和音楽大学大学院

•高等学校教諭専修免許状(音楽)
•中学校教諭専修免許状(音楽)
※中学校教諭一種免許状(音楽)、高等学校教諭一種免許状(音楽)を取得済に限る

昭和音楽大学短期大学部

•中学校教諭二種免許状(音楽) 
※「教育職員免許法」第16条の5第1項により、中学校の免許状で小学校の「専科」の教諭または講師となることもできます。
※音楽と社会コースは履修できません。

神奈川県公立学校教員(音楽)で高い採用実績

その他、各都道府県や私立で、毎年多くの卒業生が採用されています。

主な履修科目

大学
教育原理特別活動指導法
学習指導論教育心理学
生徒指導論教育相談法
視聴覚教育論教育実習I・II
教職実践演習(中・高)道徳指導法
教育社会学教科教育法(音楽)①・②
教職論 
短期大学部
教育原理特別活動指導法
教育相談法教育心理学
道徳指導法教職実践演習(中)
学習指導論生徒指導論
教職論教科教育法(音楽)
教育実習 

司書課程  「図書館の専門職員」を目指す方のために。

取得できる資格

司書となる基礎資格

司書とは?

図書館で仕事をする専門職員のことです。図書館法施行規則に定められた「図書館に関する科目」を履修することで、資格を取得します。

この課程を履修する意義

生涯学習の時代といわれる現代、図書館は重要な機関の一つです。現場では音楽分野を専門とする司書への期待も高まっており、専門知識を生かせる職業として注目されています。

主な履修科目

大学
生涯学習概論I図書館情報資源概論
図書館概論情報資源組織論
図書館制度・経営論情報資源組織演習
図書館情報技術論図書館サービス特論
図書館サービス概論図書・図書館史
情報サービス論図書館実習
児童サービス論音楽図書館特論
情報サービス演習 
短期大学部
生涯学習概論I図書館情報資源概論
図書館概論情報資源組織論
図書館制度・経営論情報資源組織演習
図書館情報技術論図書館サービス特論
図書館サービス概論図書・図書館史
情報サービス論図書館実習
児童サービス論音楽図書館特論
情報サービス演習 

社会教育主事課程 「生涯学習や社会教育に貢献する専門職」のために。

取得できる資格

社会教育主事となる基礎資格

社会教育主事とは?

社会教育主事は教育委員会に所属し、生涯にわたる市民の学習を支援する指導者に指導と助言を行う専門職です。本学のこの課程を修了したのち、社会教育に関連のある業務を1年以上行うと、社会教育主事となる資格を得られます。

この課程を履修する意義

演奏活動、音楽教室講師等は社会教育の重要な活動です。本学では、社会のニーズを把握する方法や各種プログラムの立案、現場と連携した体験活動等、実践的な授業を展開しています。音楽人として社会教育に貢献する方法を学べる課程です。

主な履修科目

大学・短期大学部
生涯学習概論社会教育計画
社会教育演習および実習社会教育特講I〜III

学芸員課程 「博物館や資料館で活躍する専門職」のために。 

取得できる資格

学芸員となる基礎資格

学芸員とは?

学芸員は、歴史博物館・科学博物館・美術館・動植物園などで、博物館資料の収集・保管・展示・調査研究・教育普及の仕事をする専門職員です。活動的で知的好奇心に満ちた人に向いています。

この課程を履修する意義

博物館資料の取扱い、パソコンの操作、スピーチ、展覧会企画、デザインなど実践的なものから、歴史、美術、哲学など理論的なものまで幅広い内容を含み、音大生としての視野を広げることができます。とりわけ、総合的なプレゼンテーション力を養う好機になります。

主な履修科目

大学
博物館概論博物館展示論
博物館実習I・II博物館経営論
博物館情報・メディア論文化史
博物館資料論博物館教育論
美術史博物館資料保存論
生涯学習概論I 

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP