昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
大学_音楽教養2016バナー
音楽教養コース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生

講習会

5/7(日)

オープンキャンパス

5/20(土)
テキストの色がタブに反映されます→文字色
音楽教養コース 新設
最も幅広い選択肢で総合的音楽人を目指し、音楽を社会に生かすキャリアへとつなぎます

音楽と、音楽に関わる多様な分野を学修
作曲家や作品、音楽ジャンルなどについて幅広い知識と教養を身につけながら、コンサートの企画・制作・運営、そして音楽療法など音楽と関わる多様な分野についても学修します。

幅広い選択肢を持つ実技科目
ピアノ、声楽、器楽、作曲からジャズ・ポピュラーやバレエまで、多様な学習歴や希望に応じて、実技科目の履修の仕方を自分で決められることが大きな特長です。実技の複数選択や、年次ごとの変更も可能です。

キャリアに生かされる、独自の学び
学生が自ら独自の学び方や目標を設定することができ、獲得した専門技術や知識を活用して音楽と社会をつなぐキャリアを開拓することができるコースです。

大学音楽教養_3

information

短大・各コースからの編入学が可能です。

短期大学部の各コースからの編入学が可能になります。さらに学修を続けたい方、教職課程の履修者で、高等学校、中学校の一種免許状の取得を目指したい方に、進学の道が開けています。

大学音楽教養2

音楽教養コース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • 音楽教養基礎
  • 楽器研究
  • 作曲家・作品研究
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • 音楽教養特論 
  • 音楽教養演習Ⅰ
  • 音楽教養演習Ⅱ
  • 音楽教養演習Ⅲ
  • 卒業研究





  • ピアノ①
  • 教養器楽Ⅰ①
  • 電子オルガン①
  • 声楽①
  • バレエ①
  • ポピュラー・ジャズ実技①
  • 作曲実技①
 
  • ピアノ②
  • 教養器楽Ⅰ②
  • 電子オルガン②
  • 教養器楽Ⅱ①
  • 声楽②
  • バレエ②
  • ポピュラー・ジャズ実技②
  • 作曲実技②
 
  • ピアノ③
  • 教養器楽Ⅰ③
  • 電子オルガン③
  • 教養器楽Ⅱ②
  • 声楽③
  • 教養器楽Ⅲ①
  • バレエ③
  • ポピュラー・ジャズ実技③
  • 作曲実技③
 
  • ピアノ④
  • 教養器楽Ⅰ④
  • 電子オルガン④
  • 教養器楽Ⅱ③
  • 声楽④
  • 教養器楽Ⅲ②
  • バレエ④
  • 教養器楽Ⅳ①
  • ポピュラー・ジャズ実技④
  • 作曲実技④
     
  • ピアノⅡ①
  • 弦管打楽器Ⅰ①
  • 電子オルガンⅡ①
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ①
  • ポピュラーヴォーカルⅡ①
  • インストゥルメンツⅡ①
  • 声楽Ⅱ①
  • バレエⅡ①
  • 作曲Ⅱ①
  • オルガンⅡ①
  • ピアノⅡ②
  • 弦管打楽器Ⅰ②
  • 電子オルガンⅡ②
  • 弦管打楽器Ⅱ①
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ②
  • ポピュラーヴォーカルⅡ②
  • インストゥルメンツⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • バレエⅡ②
  • 作曲Ⅱ②
  • オルガンⅡ②
  • ピアノⅡ③
  • 弦管打楽器Ⅰ③
  • 電子オルガンⅡ③
  • 弦管打楽器Ⅱ②
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ③
  • 弦管打楽器Ⅲ①
  • ポピュラーヴォーカルⅡ③
  • インストゥルメンツⅡ③
  • 声楽Ⅱ③
  • バレエⅡ③
  • 作曲Ⅱ③
  • オルガンⅡ③
  • ピアノⅡ④
  • 弦管打楽器Ⅰ④
  • 電子オルガンⅡ④
  • 弦管打楽器Ⅱ③
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ④
  • 弦管打楽器Ⅲ②
  • ポピュラーヴォーカルⅡ④
  • 弦管打楽器Ⅳ①
  • インストゥルメンツⅡ④
  • 声楽Ⅱ④
  • バレエⅡ④
  • 作曲Ⅱ④
  • オルガンⅡ④


● 基本ソルフェージュ①~③ ● 聴音・視唱ソルフェージュ①~③ ● 鍵盤ソルフェージュ①~③ ● 総合ソルフェージュ①~③

 



  • 音楽教養表現Ⅰ
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • 合唱①
  • 合奏Ⅳ①
  • リトミック①
  • 解剖学
  • バレエ指導法演習①
  • 舞台衣裳製作法
  • 栄養学演習
  • タップダンス①
  • リズムトレーニング
  • 音楽基礎演習
  • ハーモニー演習①
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • 発達心理学
  • 障がい児教育概論
  • ポピュラー音楽概論
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 簿記・会計入門
  • 舞台スタッフ論①②
  • 舞台制作概論
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法概説
  • パフォーマンス①
  • 音楽教養表現Ⅱ
  • 合唱②
  • 合奏Ⅳ②
  • リトミック②
  • 児童心理
  • 声楽アンサンブル基礎
  • ド イツ歌曲①
  • フランス歌曲①
  • 動作学
  • バレエ指導法演習②
  • バレエ美学
  • コンピュータ音楽概論
  • ハーモニー演習②
  • 管弦楽概論
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床医学各論Ⅰ
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法各論Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理学Ⅰ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • オペラの歴史と作品
  • 器楽の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • バレエの歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • 舞台芸術概論
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  •  芸術文化環境論
  • ステージマネージャー演習①
  • 医学概論
  • 音楽心理学
  • 社会福祉概論
  • 介護概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • ド イツ歌曲②
  • フランス歌曲②
  • 日本歌曲①
  • 合唱③
  • バレエ指導法演習③
  • バレエ学概論
  • 合奏Ⅳ③
  • 合奏Ⅱ
  • 指揮法
  • 作曲・編曲法Ⅰ
  •  伴奏法Ⅱ
  • ハーモニー演習③
  •  ポリフォニー演習
  • 音楽美学
  • スコアリーディングⅡ
  • 音楽療法各論Ⅲ
  • 臨床心理学Ⅱ
  • 臨床医学各論Ⅱ
  •  音楽と社会特論
  • 環境音楽論Ⅰ・Ⅱ
  • 看護学演習
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • フィールドインターンシップ①
  • グラフィックデザイン演習
  • 経営学Ⅱ
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台機構調整演習
  • ステージマネージャー演習②
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • 日本歌曲②
  • 合唱④
  • 合奏Ⅳ④
  • インターンシップ
  • フィールドインターンシップ②
  • 映像制作演習
  • ステージマネージャー演習③
  • パフォーマンス④

楽器研究2

楽器研究
オーケストラで使用される楽器について、それぞれの構造、演奏法、特色などを、実演を交えて詳しく学びます。

大学音楽教養4

音楽教養基礎
音楽学の教員のもとで、作曲家、作品、楽譜、演奏家などについての専門知識を獲得し、音楽を学ぶ上で重要な基礎を身につけます。

大学音楽教養5

作曲家・作品研究
主要な作曲家の生涯や時代背景を確認しながら、作品について学びます。学生自身による主体的な調査研究およびその発表の機会も設けています。

教授からのメッセージ

音楽を生かして「何か」がしたい! という方へ
自分の個性や能力を生かす「何か」を探してみませんか


昔は、音大卒イコール演奏家でした。しかし今は時代も社会も変わり、人が音楽に求めるものも変わりつつあります。社会も人の価値観も激動する中で、「音楽にできること」は何でしょうか。将来演奏家にならなくても、音楽について深く学びたい。音楽の素晴らしさを伝え、芸術と社会をつなぐ仕事をしたい。音楽を生かして「何か」がしたい!̶ そんな方は、自分自身のその「何か」をじっくり探してみませんか。4年の間に知識を蓄え、経験を積み、様々な個性を持った友人たちとともに学びながら視野を広げれば、自分の個性や能力を生かせる道が、きっと見えてきます。

 
有田 栄 教授Sakaë Arita

東京芸術大学音楽学部楽理科、同大学院音楽研究科修士課程、同博士後期課程修了。博士(音楽学)。執筆やTV、ラジオ音楽番組への出演、市民のための公開講座などを通じ、古楽から現代音楽まで様々な音楽の紹介に務める。NHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティ。

大学音楽教養6

主な就職先

K-BALLET COMPANY団員、NBAバレエ団団員、スターダンサーズ・バレエ団団員、東京シティ・バレエ団団員、谷桃子バレエ団団員、 チャコット・カルチャースタジオ講師、ツルタバレエ芸術学校講師、劇団四季、東京ディズニーリゾート エンターテイナー、サンリオピューロランド エンターテイナー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン エンターテイナー、昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室講師 ほか

資料請求
資料請求

受験生NAVI

大学音楽教養1
音楽教養コース
最も幅広い選択肢で総合的音楽人を目指し、音楽を社会に生かすキャリアへとつなぎます
音楽と、音楽に関わる多様な分野を学修
作曲家や作品、音楽ジャンルなどについて幅広い知識と教養を身につけながら、コンサートの企画・制作・運営、そして音楽療法など音楽と関わる多様な分野についても学修します。

幅広い選択肢を持つ実技科目
ピアノ、声楽、器楽、作曲からジャズ・ポピュラーやバレエまで、多様な学習歴や希望に応じて、実技科目の履修の仕方を自分で決められることが大きな特長です。実技の複数選択や、年次ごとの変更も可能です。

キャリアに生かされる、独自の学び
学生が自ら独自の学び方や目標を設定することができ、獲得した専門技術や知識を活用して音楽と社会をつなぐキャリアを開拓することができるコースです。

information

短大・各コースからの編入学が可能です。

短期大学部の各コースからの編入学が可能になります。さらに学修を続けたい方、教職課程の履修者で、高等学校、中学校の一種免許状の取得を目指したい方に、進学の道が開けています。

大学音楽教養2

音楽教養コース

表のみ横にスクロールできます。

 1年次2年次3年次4年次
バレエの正確な
テクニックを身につける
多様なジャンルの
ダンスを学び、幅を広げる
指導者に必要な専門科目を
学び、実習を行う
技術と理論を備え、
優れた実演と指導を追求



  • バレエ・クラスⅠ①
  • バレエ演習Ⅰ①
  • バレエ演習Ⅱ①
  • バレエ演習Ⅲ①
  • バレエ演習Ⅳ①
  • バレエ史
  • 解剖学
  • バレエ指導法演習①
  • バレエ用語演習
  • バレエ音楽演習①
  • バレエ・クラスⅠ②
  • バレエ演習Ⅰ②
  • バレエ演習Ⅱ②
  • バレエ演習Ⅲ②
  • バレエ演習Ⅳ②
  • 動作学
  • 舞踊心理学
  • バレエ指導法演習②
  • 振付創作法①
  • バレエ・クラスⅠ③
  • バレエ演習Ⅰ③
  • バレエ演習Ⅱ③
  • バレエ演習Ⅲ③
  • バレエ演習Ⅳ③
  • バレエ学概論
  • バレエ指導法演習③
  • 振付創作法②
  • バレエ・クラスⅠ④
  • バレエ演習Ⅰ④
  • バレエ演習Ⅱ④
  • バレエ演習Ⅲ④
  • バレエ演習Ⅳ④
  • 卒業論文





  • ピアノⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • ※いずれか1科目を必ず選択
   



  • 声楽Ⅱ①
  • 合奏Ⅳ①
  • 合唱①
  • バレエ・クラスⅡ①
  • バレエ・クラスⅢ①
  • バレエ・クラスⅣ①
  • バレエ・クラスⅤ①
  • バレエ演習Ⅴ①
  • バレエ演習Ⅵ①
  • バレエ演習Ⅶ①
  • ハーモニー演習①
  • 音楽基礎演習
  • 舞台衣裳製作法
  • 栄養学演習
  • 児童心理
  • 舞台制作概論
  • アートマネジメント概論
  • 舞台スタッフ論
  • パフォーマンス①
  • 発達心理学
  • ポピュラー音楽概論
  • 基本ソルフェージュ i~iii
  • 視唱ソルフェージュ i~vi
  • 聴音ソルフェージュ i~vi
  • 鍵盤ソルフェージュ i~vi
  • 総合ソルフェージュ i~vi
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • 舞踊譜演習①
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • 合奏Ⅳ②
  • 合唱②
  • バレエ・クラスⅡ②
  • バレエ・クラスⅢ②
  • バレエ・クラスⅣ②
  • バレエ・クラスⅤ②
  • バレエ演習Ⅴ②
  • バレエ演習Ⅵ②
  • バレエ演習Ⅶ②
  • バレエ音楽演習②
  • ハーモニー演習②
  • 音楽美学
  • ステージマネージャー演習
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 総合ソルフェージュ vii
  • 指揮法
  • バレエ・クラスⅡ③
  • バレエ・クラスⅢ③
  • バレエ・クラスⅣ③
  • バレエ・クラスⅤ③
  • バレエ演習Ⅴ③
  • バレエ演習Ⅵ③
  • バレエ演習Ⅶ③
  • 看護学演習
  • 運動生理学
  • 舞踊譜演習②
  • 演出論
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • バレエ・クラスⅡ④
  • バレエ・クラスⅢ④
  • バレエ・クラスⅣ④
  • バレエ・クラスⅤ④
  • バレエ演習Ⅴ④
  • バレエ演習Ⅵ④
  • バレエ演習Ⅶ④
  • 合奏Ⅳ④
  • バレエ美学
  • バレエ指導法演習④
  • パフォーマンス④

大学音楽教養3

楽器研究オーケストラで使用される楽器について、それぞれの構造、演奏法、特色などを、実演を交えて詳しく学
びます。

大学音楽教養4

音楽教養基礎
音楽学の教員のもとで、作曲家、作品、楽譜、演奏家などについての専門知識を獲得し、音楽を学ぶ上で重要な基礎を身につけます。

大学音楽教養5

作曲家・作品研究
主要な作曲家の生涯や時代背景を確認しながら、作品について学びます。学生自身による主体的な調査研究およびその発表の機会も設けています。

教授からのメッセージ

音楽を生かして「何か」がしたい! という方へ
自分の個性や能力を生かす「何か」を探してみませんか


昔は、音大卒イコール演奏家でした。しかし今は時代も社会も変わり、人が音楽に求めるものも変わりつつあります。社会も人の価値観も激動する中で、「音楽にできること」は何でしょうか。将来演奏家にならなくても、音楽について深く学びたい。音楽の素晴らしさを伝え、芸術と社会をつなぐ仕事をしたい。音楽を生かして「何か」がしたい!̶ そんな方は、自分自身のその「何か」をじっくり探してみませんか。4年の間に知識を蓄え、経験を積み、様々な個性を持った友人たちとともに学びながら視野を広げれば、自分の個性や能力を生かせる道が、きっと見えてきます。

 
有田 栄 教授Sakaë Arita

東京芸術大学音楽学部楽理科、同大学院音楽研究科修士課程、同博士後期課程修了。博士(音楽学)。執筆やTV、ラジオ音楽番組への出演、市民のための公開講座などを通じ、古楽から現代音楽まで様々な音楽の紹介に務める。NHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティ。

大学音楽教養6

主な就職先

K-BALLET COMPANY団員、NBAバレエ団団員、スターダンサーズ・バレエ団団員、東京シティ・バレエ団団員、谷桃子バレエ団団員、 チャコット・カルチャースタジオ講師、ツルタバレエ芸術学校講師、劇団四季、東京ディズニーリゾート エンターテイナー、サンリオピューロランド エンターテイナー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン エンターテイナー、昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室講師 ほか

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP