昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
大学_音楽療法2016バナー
音楽療法コース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生

オープンキャンパス

8/5(土)

進学説明会

8/5(土)

講習会・セミナー

8/5(土)

講習会・セミナー

8/6(日)
テキストの色がタブに反映されます→文字色
大学音楽療法1
音楽療法コース
医療・福祉・教育、3領域すべてに対応した実習体制を整えています。
音楽療法の各分野のエキスパートが指導
音楽療法は、音楽を活用して病気や障害を持つ人たちを援助します。本学では各分野の第一線で活動する教育スタッフが、指導を行います。カリキュラムは、音楽療法の専門科目と音楽の理論や実技および医療や心理学などの関連科目で構成しています。
 
学内外での豊富な実習を設定
障がいのある子どもを対象にした学内の音楽療法室Andante、学外の医療機関・福祉施設・教育機関でのセッションなど、医療・福祉・教育すべての領域における実習を設定しています。
 
確かな音楽の演奏技術を修得
音楽療法士に求められる確かな演奏技術を身につけるため、ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の実技レッスンが履修できます。これは音楽大学ならではの大きなメリットです。

information

昭和音楽大学内の音楽療法室
Andante(アンダンテ)


音楽療法室Andanteは学内にある実習施設です。大小3つのセッションルームがあり、それぞれ観察室が併設されています。セッションルームにはマジックミラー、カメラが設置されており、セッションの様子を観察したり、ビデオを録画することが可能です。
 
※Andante(アンダンテ)とは「歩く速度で」という意味で、一歩ずつ着実に進もうという願いがこめられています。

大学音楽療法2

昭和音楽大学は日本音楽療法学会の認定校です
日本音楽療法学会の認定音楽療法士とは、同学会が認定する資格です。本学の音楽療法コースを卒業すると日本音楽療法学会の認定音楽療法士(捕)の受験資格が与えられます。
 


<日本音楽療法学会の認定音楽療法士になるには>
日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)を取得し、その後行われる実技・面接試験に合格することが必要です。

音楽療法コース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • 音楽療法テクニックⅠ・Ⅱ
  • 音楽療法アンサンブルⅠ・Ⅱ
  • 発達心理学
  • 音楽療法概説
  • 障がい児教育概論
  • 合唱①
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • 音楽療法テクニックⅢ・Ⅳ
  • 音楽療法の理論と技法論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法各論Ⅰ・Ⅱ
  • 医学概論
  • 臨床医学各論Ⅰ 
  • 臨床心理学Ⅰ 
  •  施設実習Ⅰ 
  • 社会福祉概論
  • 音楽療法実践演習Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法各論Ⅲ
  • 施設実習Ⅱ
  • 卒業論文(原著講読含む)





  • ピアノⅡ①
  • 器楽Ⅱ①
  • 声楽Ⅱ①
  • 電子オルガンⅡ①
  • ハーモニー演習①
  • 音楽基礎演習 

 


● 基本ソルフェージュ①~③ ● 聴音・視唱ソルフェージュ①~③ ● 鍵盤ソルフェージュ①~③ ● 総合ソルフェージュ①~③

 



  • オルガンⅡ①
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ①
  • インストゥルメンツⅡ①
  • ポピュラーヴォーカルⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • リトミック①
  • 合奏Ⅳ①
  • リズムトレーニング
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • ポピュラー音楽概論
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 簿記・会計入門
  • 舞台スタッフ論①②
  • 舞台制作概論
  • 舞台芸術概論
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • パフォーマンス①
  • ピアノⅡ②
  • 器楽Ⅱ② 
  • 声楽Ⅱ②
  • 電子オルガンⅡ②
  • オルガンⅡ②
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ②
  • インストゥルメンツⅡ②
  • ポピュラーヴォーカルⅡ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • リトミック② 
  • 合奏Ⅳ②
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 芸術文化環境論
  • 台本・シナリオ演習①
  • 舞台衣装概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • オペラの歴史と作品
  • 器楽の歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • 舞踊の歴史と作品
  • 合唱②
  • ハーモニー演習②
  • ステージマネージャー演習①
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 管弦楽概論 
  • 介護概論
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • 音楽心理学
  • コンピュータ音楽概論
  • パフォーマンス② 
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • ピアノⅡ③
  • 器楽Ⅱ③ 
  • 声楽Ⅱ③ 
  • 電子オルガンⅡ③
  • オルガンⅡ③
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ 
  • 合奏Ⅳ③
  • 音楽療法テクニックⅤ・Ⅵ
  • 臨床医学各論Ⅱ
  • 臨床心理学Ⅱ 
  • 指揮法Ⅰ
  • 作曲・編曲法Ⅰ
  • スコアリーディングⅡ
  • ポリフォニー演習
  • 音楽美学
  • 台本・シナリオ演習②
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 経営学Ⅱ
  • 舞台機構調整演習
  • ステージマネージャー演習②
  • 看護学演習
  • ハーモニー演習③
  • 環境音楽論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽情報論
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • パフォーマンス③
  • フィールドインターンシップ①
  • 海外研修Ⅴ
  • ピアノⅡ④
  • 器楽Ⅱ④ 
  • 声楽Ⅱ④
  • 電子オルガンⅡ④
  • オルガンⅡ④
  • 合奏Ⅳ④ 
  • 施設実習Ⅲ
  • ステージマネージャー演習③
  • パフォーマンス④
  • フィールドインターンシップ②

大学音楽療法3

施設実習Ⅰ
場面を見学し、観察する視点から記録の書き方を学びます。見学後には報告会を行い、実習場面を再現します。上級生の実習を見学することで、現場での心構えも養います。

大学音楽療法4

音楽療法テクニックⅡ
音楽療法の伴奏楽器としてしばしば使用されるギターの基礎的な技術を学びます。基本コードを中心に、初心者でも弾き語りができるレベルまで段階を踏んで学ぶことができます。

先輩からのメッセージ

音楽療法の学びを強みとして、音楽で楽しませ、癒せる保育士に
 
以前から興味のあった音楽療法の各分野を学べることに魅力を感じて、入学しました。音楽療法には演奏力も必要なので、ピアノの実技も並行して履修できたことが役立っています。また、実習では幼児から高齢者まで幅広く接することでコミュニケーションの大切さを知ることができ、その中で子どもの成長に触れる喜びを感じたことから保育士資格※も取得し、その道に進むことを決めました。音楽療法コースでの学びを強みに、音楽で癒せる保育士を目指します。
 
※学内で実施している「保育士資格試験対策講座」を受講。

保育士
岡田 真有 Mayu Okada
音楽療法コース卒
埼玉県 | 松山女子高等学校卒

大学音楽療法5

主な就職先

東京都立北特別支援学校 高等部教諭、神奈川県立麻生養護学校 中学部教諭、社会福祉法人なごみ福祉会 音楽療法士、さ がみリハビリテーション病院 音楽療法士、長野医療衛生専門学校講師、介護老人保健施設アゼリア職員、鶴巻温泉病院レクリエーショントレーナー ほか

進学先

大学院 音楽研究科 [修士課程:修業年限2年]

修士課程として、各分野においてより高度で総合的な研究を行います。
中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状の教職課程を修了されている方は、中学校教諭専修免許状・高等学校教諭専修免許状(音楽)が取得できます。
※修士課程修了後には、博士後期課程への道も開かれています。

>大学院 音楽研究科 修士課程
>大学院 音楽研究科 博士後期課程

大学院入学試験

資料請求
資料請求

受験生NAVI

大学音楽療法1
音楽療法コース
医療・福祉・教育、3領域すべてに対応した実習体制を整えています。
音楽療法の各分野のエキスパートが指導
音楽療法は、音楽を活用して病気や障害を持つ人たちを援助します。本学では各分野の第一線で活動する教育スタッフが、指導を行います。カリキュラムは、音楽療法の専門科目と音楽の理論や実技および医療や心理学などの関連科目で構成しています。
 
学内外での豊富な実習を設定
障がいのある子どもを対象にした学内の音楽療法室Andante、学外の医療機関・福祉施設・教育機関でのセッションなど、医療・福祉・教育すべての領域における実習を設定しています。
 
確かな音楽の演奏技術を修得
音楽療法士に求められる確かな演奏技術を身につけるため、ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の実技レッスンが履修できます。これは音楽大学ならではの大きなメリットです。

information

昭和音楽大学内の音楽療法室
Andante(アンダンテ)


音楽療法室Andanteは学内にある実習施設です。大小3つのセッションルームがあり、それぞれ観察室が併設されています。セッションルームにはマジックミラー、カメラが設置されており、セッションの様子を観察したり、ビデオを録画することが可能です。
 
※Andante(アンダンテ)とは「歩く速度で」という意味で、一歩ずつ着実に進もうという願いがこめられています。

大学音楽療法2

昭和音楽大学は日本音楽療法学会の認定校です
日本音楽療法学会の認定音楽療法士とは、同学会が認定する資格です。本学の音楽療法コースを卒業すると日本音楽療法学会の認定音楽療法士(捕)の受験資格が与えられます。
 


<日本音楽療法学会の認定音楽療法士になるには>
日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)を取得し、その後行われる実技・面接試験に合格することが必要です。

音楽療法コース

表のみ横にスクロールできます。

※平成27年度のカリキュラムです(一部共通科目を含む)
 1年次2年次3年次4年次
音楽の実技と基礎知識を学ぶ音楽療法の専門科目と関連領域を学ぶ医療・福祉・教育の3領域の実習を体験選択した1領域の実習と、卒業論文に取り組む



  • 音楽療法テクニックⅠ・Ⅱ
  • 音楽療法アンサンブルⅠ・Ⅱ
  • 発達心理学
  • ピアノⅡ①
  • 声楽Ⅱ① 
  • 合唱①
  • 音楽療法概説 
  • 障がい児教育概論
  • 音楽療法テクニックⅢ・Ⅳ
  • 音楽療法の理論と技法論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽療法各論Ⅰ・Ⅱ 
  • 医学概論
  • 臨床医学各論Ⅰ
  • 臨床心理学Ⅰ
  • 施設実習Ⅰ
  • 社会福祉概論Ⅰ
  • 音楽療法各論Ⅲ
  • 施設実習Ⅱ
  • 音楽療法実践演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業論文(原著講読含む)





  • ハーモニー演習①
  • 音楽基礎演習
  • 基本ソルフェージュ i~iii
  • 視唱ソルフェージュ i~vi
  • 聴音ソルフェージュ i~vi
  • 鍵盤ソルフェージュ i~vi
  • 総合ソルフェージュ i~vi
    ※いずれか1科目を必ず選択
  • 総合ソルフェージュ vii
  



  • 器楽Ⅱ① 
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • 合奏Ⅳ① 
  • ポピュラー音楽概論
  • アートマネジメント概論
  • パフォーマンス①
  • ピアノⅡ② 
  • 器楽Ⅱ②
  • 声楽Ⅱ② 
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • 合奏Ⅳ② 
  • 合唱②
  • ハーモニー演習②
  • 音楽美学
  • 芸術文化環境論
  • ステージマネージャー演習
  • パフォーマンス② 
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 社会福祉概論Ⅱ
  • ピアノⅡ③ 
  • 器楽Ⅱ③
  • 声楽Ⅱ③ 
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ
  • 合奏Ⅳ③ 
  • 音楽療法テクニックⅤ・Ⅵ
  • 臨床医学各論Ⅱ
  • 臨床心理学Ⅱ
  • 指揮法
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • 環境音楽論Ⅰ・Ⅱ
  • ピアノⅡ④ 
  • 器楽Ⅱ④
  • 声楽Ⅱ④ 
  • 合奏Ⅳ④
  • 施設実習Ⅲ
  • パフォーマンス④

大学音楽療法3

施設実習Ⅰ
場面を見学し、観察する視点から記録の書き方を学びます。見学後には報告会を行い、実習場面を再現します。上級生の実習を見学することで、現場での心構えも養います。

大学音楽療法4

音楽療法テクニックⅡ
音楽療法の伴奏楽器としてしばしば使用されるギターの基礎的な技術を学びます。基本コードを中心に、初心者でも弾き語りができるレベルまで段階を踏んで学ぶことができます。

先輩からのメッセージ

音楽療法の学びを強みとして、音楽で楽しませ、癒せる保育士に
 
以前から興味のあった音楽療法の各分野を学べることに魅力を感じて、入学しました。音楽療法には演奏力も必要なので、ピアノの実技も並行して履修できたことが役立っています。また、実習では幼児から高齢者まで幅広く接することでコミュニケーションの大切さを知ることができ、その中で子どもの成長に触れる喜びを感じたことから保育士資格※も取得し、その道に進むことを決めました。音楽療法コースでの学びを強みに、音楽で癒せる保育士を目指します。
 
※学内で実施している「保育士資格試験対策講座」を受講。

保育士
岡田 真有 Mayu Okada
音楽療法コース卒
埼玉県 | 松山女子高等学校卒

大学音楽療法5

主な就職先

東京都立北特別支援学校 高等部教諭、神奈川県立麻生養護学校 中学部教諭、社会福祉法人なごみ福祉会 音楽療法士、さ がみリハビリテーション病院 音楽療法士、長野医療衛生専門学校講師、介護老人保健施設アゼリア職員、鶴巻温泉病院レクリエーショントレーナー ほか

進学先

大学院 音楽研究科 [修士課程:修業年限2年]

修士課程として、各分野においてより高度で総合的な研究を行います。
中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状の教職課程を修了されている方は、中学校教諭専修免許状・高等学校教諭専修免許状(音楽)が取得できます。
※修士課程修了後には、博士後期課程への道も開かれています。

>大学院 音楽研究科 修士課程
>大学院 音楽研究科 博士後期課程

大学院入学試験

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP