昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
音楽教養コース
オープンキャンパスのお知らせ
リング01
音楽をいかして何かがしたいあなたへ

大学・音楽教養コース

音楽を研究し、深く学びながら、演奏をたのしみたい。 音楽で本当にやりたいことを見つけ、可能性を試したい。 音楽の専門知識や教養を深めて、それを生かせる仕事に就きたい。

音楽を活かした社会との関わり方を、じっくりと探ることができます。

関心ある分野を掘り下げる

音楽について学科目を中心に深く学び、関心のある分野の専門知識を深めることができます。また、音楽に関する文章執筆の基礎も修得します。

自分で選択し、自分のペースで

コンサート企画・制作・運営、音楽療法など、音楽と関わる多様な分野の学科目を選択できます。実技もマイペースで続けたい方の希望に応えられるカリキュラムです。

幅広い選択肢を持つ実技

実技はどのコースよりも選択の幅が広く、個人レッスンを4年間、履修できるほか、副科として器楽、声楽、バレエを複数、学ぶことができます。

◎卒業要件は、副科実技1種を履修することで満たせます。

講義風景

音楽教養演習Ⅰ

アクティブ・ラーニングを前提に、研究分野やリサーチ方法を学びます。音楽療法やアートマネジメント、舞台スタッフの現場や、図書館でのグループワークも含みます。
楽器

音楽を生かして「何か」がしたい!という方へ
自分の個性や能力を生かす「何か」を探してみませんか

昔は、音大卒イコール演奏家でした。しかし今は時代も社会も変わり、 人が音楽に求めるものも変わりつつあります。社会も人の価値観も激動する中で、「音楽にできること」は何でしょうか。将来演奏家にならなくても、音楽について深く学びたい。音楽の素晴らしさを伝え、芸術と社会をつなぐ仕事をしたい。音楽を生かして「何か」がしたい!-そんな方は、自分自身のその「何か」をじっくり探してみませんか。4年の間に知識を蓄え、経験を積み、様々な個性を持った友人たちとともに学びながら視野を広げれば、自分の個性や能力を生かせる道が、きっと見えてきます。

波線

有田 栄 教授

アリタ サカエ

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院音楽研究科修士課程、同博士後期課程修了。博士(音楽学)。執筆やTV、ラジオ音楽番組への出演、市民のための公開講座などを通じ、古楽から現代音楽まで様々な音楽の紹介につとめる。NHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティ。

リング02

短期・音楽教養コース

習っていたピアノと、吹奏楽部で担当した楽器をどちらも続けたい。 バレエを続けながら音楽も学び、色々な資格も取得したい。 様々な楽器やポピュラー音楽で、アンサンブルを楽しみたい。

器楽、声楽、バレエ、ポピュラー音楽まで、様々なジャンルを学べます。

主専攻とする実技1種のほかに、副専攻として2種を選択し、合計3種の実技を学びます。

副専攻を2年次に変更することもでき、2年間で最大5種類の実技を修得することが可能です。

01 02 03 04 05 06 07 08

主専攻の実技

個人レッスン

入学試験時に受験した実技科目が主専攻となります。

■ピアノ ■声楽 ■弦・管・打楽器 ■電子オルガン ■バレエ(グループレッスン/週2回)

副専攻の実技

グループレッスン

★主専攻として選択したものを除きます。

★未経験でも学べます。

■ピアノ ■弦・管・打楽器 ■声楽 ■電子オルガン ■作曲 ■ポピュラーピアノ ■インストゥルメンツ

■ポピュラーヴォーカル ■バレエ(グループレッスン/週1回)

卒業後は多方面で活躍

卒業生は音楽教室講師、一般企業への就職のほか、大学への編入学など、様々な道へ進み、活躍しています。

大学への主な編入先
音楽芸術表現学科

器楽系の各コース(ジャズ、ポピュラー音楽を除く)、声楽コース、作曲・音楽デザインコース

音楽芸術運営学科

音楽教養コース、アートマネジメントコース、舞台スタッフコース、音楽療法コース、バレエコース

※コースによっては2年次に編入学となることがあります。

音楽教養コースコンサート

1年次はスタッフ、2年次は出演者として、年に1度行われる「音楽教養コースコンサート」を創り上げていきます。(大学は選択)

リング02

Pick up Lessons

音楽教養基礎[大学・短大=必修]
音楽教養基礎[大学・短大=必修]
音楽学の教員のもとで、作曲家、作品、楽譜、演奏家などについての専門知識を修得し、音楽を学ぶ上で重要な基礎を身につけます。
音楽教養特論[大学=必修、短大=選択]
音楽教養特論[大学=必修、短大=選択]
音楽と関わる多様な領域について理解します。それぞれの専門分野の最前線で活躍する教員が、現場での実践における最新情報を提供します。
作曲家・作品研究[大学・短大=必修]
作曲家・作品研究[大学・短大=必修]
主要な作曲家の生涯や時代背景を確認しながら、作品について学びます。学生自身による主体的な調査研究およびその発表の機会も設けています。
音楽教養表現[大学=選択、短大=必修]
音楽教養表現[大学=選択、短大=必修]
1つのテーマについて研究・発表を行って音楽観を深め、実際にアンサンブルも経験する、音楽教養コースならではのユニークな科目です。

多様な資格の取得をサポート

教職課程

取得できる教員免許状:

[大学]高等学校教諭一種免許状(音楽)、中学校教諭一種免許状(音楽)、小学校教諭二種免許状※

※本学の教職課程と同時に玉川大学通信教育部の実施する2年間の課程を修めることにより(要本学推薦)、在学中に取得することが可能です。[平成28年3月現

[短大]中学校教諭二種免許状(音楽)

◎[教育職員免許法]第16条の5第1項により、中学校の免許状で小学校の「専科」の教諭または講師となることもできます。

司書課程

図書館の専門職員に必要な基礎資格を取得できます。

社会教育主事課程

生涯学習や社会教育に貢献する専門職に必要な基礎資格を取得します。

学芸員課程[※大学のみ]

博物館や資料館で活躍する学芸員となるための基礎資格を取得します。

◎その他、特定の科目を修得することで社会福祉主事任用資格の取得も可能です。

音楽教養コース オープンキャンパス

12月25日 日曜日(要事前予約・参加費無料)

冬期講習会中に開催します。

大学
音楽へのアプローチに合わせた豊富な選択科目も用意。実技科目はどのコースよりも選択肢があります。
短期大学
3種の実技を履修できることが特徴のコースです。選択可能な実技にはバレエも含まれています。

タイムスケジュール

13:15~受付
13:30~14:00キャンパス見学
14:00~14:20入試説明
14:20~14:50コース説明
14:50~15:30模擬授業
15:30~個別受験相談
お申込みフォームへ