昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

2017.09.07 卒業生 2017年度(後期採用)下八川圭祐基金(海外音楽研修生費用助成)募集のお知らせ

2017年度(後期採用) 下八川圭祐基金(海外音楽研修生費用助成)募集要項

学校法人東成学園
1.基金(助成)の主旨
本基金は、学校法人東成学園(以下本学園)が設置する各学校の建学の精神に基づく教育の成果を上げるため、本学園の卒業生のうち、人格、技能ともにすぐれ、音楽家・舞台人として将来の大成が期待されるものの行う研修に対し助成を行います。
 
2.海外音楽研修生費用助成の対象
(1)原則として海外の教育機関などに留学し、技術を錬磨するとともに、その実体験を通じてさらに研鑽を深めることを志す方とします。
(2)助成の申込みをされる方は、次の要件を満たす方とします。 
①本学園の設置する学校を卒業また修了した者。
②留学についての計画と目標が明確であるもの。
③2018年3月までに留学が可能な者、または留学中の者。
 
3.募集人数 若干名
 
4.助成額
1名につき50万円を限度とし、留学の渡航にかかる経費の一部を助成します。(助成を受けられる回数は1名1回とします)
  
5.応募方法
次の書類を準備し申込み締切りまでに、昭和音楽大学学務部学生課まで提出して下さい。
①所定の申請書
213ダウンロードはこちら→〔PDF
213ダウンロードはこちら→〔Word
②録音(録画)資料または作品スコア(対象:卒業・修了より1ケ年以上経過した者全員)
 録音(録画)資料[最近半年以内に演奏収録されたもの:媒体はMD(SP)/AudioCD/VHS(NTSC)/DVD-Video(リージョンコードR2・NTSC)のいずれかとし、10~20分に納めること。収録曲目・収録日時・収録場所・演奏者(共演者を含む)を 明記したシートを添付すること]。
 作曲については、作品のスコア。可能であれば、その作品の録音(録画)資料。
 指揮・バレエ・ミュージカルについては、録画資料(VHSかDVD- Video)。 
③本学園に所属する教員からの推薦状1通。(提出不可能な場合は申請書にその旨ならびに事由を明記して下さい)   
④留学計画書(自由書式:留学期間、留学先国名・機関名、研修内容、師事予定の教員名等)または留学報告書(自由書式:留学期間、留学先国名・機関名、研修内容、師事教員名等)
⑤研修計画または研修成果を証明できるもの(入学許可証、受入証明書、演奏活動の報告書・プログラム、成績表等 コピー可)    

提出された①~⑤の資料は返却いたしません

※この基金は昭和音楽大学同伶会助成金(同伶会会員のみ)との併用が可能です。
 
6.選考方法
(1)選考は基本的に書類審査にて行います。(既卒者には録音等資料視聴審査・作品審査を加えます)
(2)オーディション
必要に応じてオーディション(11月中旬実施予定)を受けていただく場合があります。


7.申込み締切り 2017年10月27日(金)
 
8.発表ならびに助成金の支給
2017年11月下旬に、応募いただいた方に対し、個々に連絡いたします。
助成金は決定後1ヶ月以内に支給いたします。
 
9.その他
助成を受けた者は、規約によりその活動内容・助成金の使途等について報告義務が生じます。
以上
お問い合わせ

学務部学生課  TEL:044-953-9835 

PAGE TOP