昭和音楽大学作曲公開講座「打楽器の音色と音響空間」

打楽器の音色と音響空間

ソロ・パーカッションのための「グラウンド」とピアノとヴィブラフォンのための「シリカ」の実演と作品解説

講師

福士則夫

講師プロフィール

1969年東京藝術大学大学院修了の年、5人で作曲グループ「白浪」を結成。本格的な作曲活動に入る。72年文化庁芸術祭優秀賞受賞。翌年フランス政府給費留学生として渡仏し75年帰国。83年アンサンブル「ヴァン・ドリアン」として第1回中島健蔵音楽賞受賞。2003年「室内オーケストラの領域Ⅲ」の企画により第3回佐治敬三賞受賞。2008年、チビテッラ・ラニエリ財団より招聘を受けレジデンスコンポーザーとして渡伊。主要作品はヨーロッパをはじめアメリカ、カナダ、アジアなどで演奏されている。現在、桐朋学園大学音楽学部講師、東京音楽大学客員教授、日本現代音楽協会会長、日仏現代音楽協会名誉顧問。

会場

昭和音楽大学南校舎ユリホール
 (小田急線・新百合ヶ丘駅南口徒歩4分)

演奏指導

石内聡明(本学教授)

演奏者

増井 彩、佐藤 美貴子、上路 実早生

主催

昭和音楽大学作曲部会

受講料 <参加無料(要事前予約)>

下記の申込みフォーム、またはお電話にてお申し込みください。

申込みフォーム
お問い合わせ

comp@tosei-showa-music.ac.jp