[J-POP&J-ROCK講座]第1回 GS(グループサウンズ)とは何だったのか?

J-POP&J-ROCK

わが国のポピュラー音楽の流れを検証すると、60年代に人気が沸騰したGSとは、ビートルズ来日を契機に日本の音楽業界が新しいタイプのバンド売り出しのために仕組んだ”作られたブーム”だとの見方が定説となっています。
Vol.1では、多彩な音楽表現スタイルを生み出し、かつファンがそれぞれに熱狂した”GSブーム”を単なる一過性と視るのではなく、当時の日本のポップ・カルチャーとしての切り口から再検証を試みます。

講師

森川卓夫(昭和音楽大学教授)

会場

昭和音楽大学南校舎 「C511教室」
 (小田急線・新百合ヶ丘駅南口徒歩4分)

受講料

一般/1回 1,500円
学生/1回 1,000円(小~高校生無料)
※昭和音楽大学友の会「ゆりフレンズ」会員の方は、受講料(一般)が1割引きとなります。
下記の申込みフォーム、またはお電話にてお申し込みください。
  • 申込ボタン

お問い合わせ

昭和音楽大学演奏センター 講座担当
TEL: 044-953-9849
E-mail:lifelong@tosei-showa-music.ac.jp

[受付時間] 月~金 10:00~18:00(12:00~13:00を除く) 休業:土日祝