公開講座「世界のオペラ制作の現場から~中国の最新事情」

Lin Hongming

平成30年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業 「実演舞台芸術の国際共同制作を通じたアートマネジメント人材育成」
 中国のプロフェッショナルのクラシック実演芸術団体は、近年急速に増えてきています。オペラ劇場の建設も各地で続いていますが、ソフト面の充実はこれからと言われています。
 いま大都市を中心に中国各地のオペラ劇場の公演と運営体制の状況はどうなっているのか? 30年以上にわたり中国の文化芸術の運営をリードしてきた林宏鳴氏が語る中国オペラ界事情に加えて、本学が実施中の中国・韓国とのオペラを通した国際共同制作の経験も交えたディスカッション形式の講座を行ないます。

講師

基調講演  林 宏鳴 Lin Hongming
     (上海グランドオペラハウス運営準備室長/元・上海東方芸術センターゼネラルマネージャー)

インタビュー  石田 麻子 Ishida Asako
     (本学教授、舞台芸術政策論)
【講師変更のお知らせ】
当初招聘を予定しておりました銭程氏は、ご本人の止むを得ない事情により来日できなくなりました。
上記の通り講師を変更して開催いたしますことをお知らせいたします。

会場

昭和音楽大学 北校舎5階「ラ・サーラ・スカラ」(小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩1分)
※駐車場は設けておりません。ご来場の際は公共交通機関をご利用くださいますよう、お願い致します。
※本講座は表記の文化庁文化芸術推進事業の一環として行われます。
 「アートマネジメント研修生募集」についてはこちらをご覧ください。

受講料

入場無料 (整理券・事前申込不要)
※未就学児童はご入場になれません。

主催

昭和音楽大学
お問い合わせ
昭和音楽大学演奏センター
TEL: 044-953-9865

[受付時間] 10:00~18:00(平日12:00~13:00および土日祝を除く)

20180917世界のオペラ制作の現場から~中国の最新事情