昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

2014.06.17 アートマネジメント 【大学】教授 【大学院】教授 教授 石田 麻子

石田麻子

職名教授
所属昭和音楽大学
研究分野舞台芸術政策
最終学歴東京芸術大学大学院 音楽研究科 博士課程
学位学術博士

プロフィール

【研究分野】
国内外の歌劇場や芸術祭の組織運営研究、およびオペラ公演開催からみた舞台芸術政策に関する研究活動を展開し、近年は劇場運営および舞台制作の専門人材育成に関する調査研究を、実践を伴った形で推進している。

【教育分野】
昭和音楽大学・アート・マネジメント・コース:<学部>「文化政策論Ⅱ」(海外の劇場運営からみた各国の文化政策)、「学内実習Ⅰ」(ホール運営実習)「芸術文化と社会Ⅱ」(芸術文化分野の第一線で活躍する招聘講師による講座)、「企画制作演習Ⅱ」(コンサート企画制作実践)「芸術運営演習」(3年生ゼミ)「卒業研究」(4年生ゼミ)<大学院>「音楽芸術運営特別演習Ⅰ」(大学院ゼミ)、東京藝術大学大学院<修士課程>・「応用音楽特殊講義」(通年)、高崎経済大学大学院<博士課程>・「文化政策特論」(集中講義)に加え、他大学でも招聘講師などを務める。

【著書・論文等】
単著に『日本のオペラ作品』(昭和音楽大学、2005年)、『海外のオペラ・フェスティヴァル運営調査』報告書(新国立劇場情報センター、2007年)がある。主な論文に「ヨーロッパのオペラ・フェスティヴァルにみる舞台芸術と観光の政策領域の融合」『日本音楽芸術マネジメント学会誌』第1号(2009年)、「音楽を中心とした地域振興の一考察」『都市観光の推進による地域づくり支援調査報告書』国土交通省(2007年)、「ブレゲンツ音楽祭」『都市・地域レポート2007』国土交通省(2007年)など。共著に『日本国内におけるジュニア・オーケストラの活動実態調査』報告書(2010年)などがある。講演に、第11回全国オペラフォーラム記念講演「日本型オペラ制作の得失と将来展望~オペラ制作および歌劇場運営に関する調査研究事業について」(2007年2月)等

【主な研究助成等】
○科研費:
 科学研究振興費補助金事業 平成21年度基盤研究(C) 研究代表者
 「日本の文化政策における創作活動振興のあり方に関する研究-1980年代の検証から」(平成21年度~23年度)
 科学研究振興費補助金事業 平成24年度基盤研究(C) 研究代表者
 「日本のオペラ団体による公演活動の変遷―藤原歌劇団と日本オペラ協会の活動検証から」(平成24年度~26年度)
○文部科学省:
*文部科学省戦略的研究拠点形成事業*
 『オペラ劇場における人材育成に関する研究』研究総括者(平成21年度~平成23年度)
 主な公開講座、シンポジウム:「音楽を読み解く~作品解釈の過去と現在」「アルベルト・ゼッダ オペラ指揮ワークショップ」「ペーター・コンヴィチュニー オペラ演出ワークショップ2010」「ヨーロッパの歌劇場で歌うためには~オーディション、コンクールの実際」他
*文部科学省戦略的研究基盤形成支援事業*
 『オペラ資料のアーカイヴ化を通じた情報センター機能の構築』研究統括補佐(平成24年度~28年度)
*オープン・リサーチ・センター整備事業*
 『海外主要オペラ劇場の現状調査、分析比較に基づく、わが国のオペラを主とした劇場・団体の運営と文化・芸術振興施策のあり方の調査研究』研究員、(平成13年度~平成17年度、継続分:平成18年度~平成19年度)。
○文化庁:
 文化庁「オペラを中心とした音楽情報・資料の収集および活用に関する調査研究」研究代表者(平成21年度)。
○神奈川県:
 神奈川県「大学発・政策提案」採択事業・提案者(平成22年度~平成23年度)。
 神奈川県「大学発・制作提案」採択事業 共同提案者(平成24年度~平成25年度)。
○新国立劇場:
 新国立劇場情報センター委託調査「海外のオペラ・フェスティヴァル運営調査」調査研究員(平成18年度)。

【役職等】
現在、昭和音楽大学 オペラ研究所所長・教授。東京芸術大学大学院音楽研究科非常勤講師。
『日本のオペラ年鑑』編纂委員(2002年~2014年)および編纂委員長(2015年~)、日本音楽芸術マネジメント学会理事(2010年4月~)。神奈川県文化芸術振興審議会委員、同調整部会委員を兼任(2008年~2010年)。文化庁委託、東京芸術大学実施「アートマネジメント人材の育成に関する調査研究」カリキュラム委員会委員(2009年)。日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(2011年9月~)

【表彰】
大学発・政策提案採択事業に対する神奈川県知事表彰(平成22年度~平成23年度採択事業)



研究業績等に関する事項

PAGE TOP

TOP