昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

2019.11.24 受賞[在学生・PAA] ピアノ 【速報】「第11回パデレフスキ国際ピアノコンクール」で昭和音楽大学4年生(同附属ピアノアートアカデミー在籍)の古海行子(フルミ ヤスコ)さんが第3位を受賞

「第11回パデレフスキ国際ピアノコンクール」において、昭和音楽大学4年生で、同附属ピアノアートアカデミー在籍の古海行子(フルミ ヤスコ)さんが第3位を受賞いたしました。

受賞者

古海 行子 さん(昭和音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ演奏家コース4年、附属ピアノアートアカデミー所属)
【プロフィール】
古海行子(フルミ ヤスコ)

2018年第4回高松国際ピアノコンクールにおいて日本人として初めて優勝。併せて委嘱作品演奏者賞、香川県知事賞、高松市長賞、公益財団法人松平公益会賞、公益財団法人高松市文化芸術財団理事長賞を受賞する。2019年1月、第20回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会プロフェッショナル部門金賞、及びショパン協会賞受賞。日本コロムビアのOpus Oneレーベルより「シューマン:ピアノ・ソナタ第3番」でCDデビュー。
これまでに第40回ピティナピアノコンペティション全国決勝大会G級金賞、コンチェルトB部門第1位、第7回福田靖子賞(第1位)受賞。第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第2位、ショパン国際ピアノコンクール in ASIAアジア大会高校生部門金賞、コンチェルトB部門金賞、コンチェルトC部門銀賞、派遣部門推薦。第2回ハノイ国際ピアノコンクール(ベトナム)プロミッシング・コンテスタント賞。いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。平成28年度海老名市文化大賞。日本はもとより、イタリア、ポーランド、アメリカ、ルーマニアなど数多くのコンサートに出演、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、ハノイ・フィルハーモニー管弦楽団等と共演する。神奈川県立海老名高等学校出身。現在、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース4年、同附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

古海行子pic

今後の演奏予定

2019年12月26日(木) 
Opus One Live @ Hakuju Hall Vol. 2 古海行子
開演:19:00   Hakuju Hall(東京都)
主催:日本コロムビア
チケット:Hakuju Hall TEL.03-5478-8700(火~土10:00-18:00 / 祝日・休館日除く)
 ▶HPはこちらより


2020年2月8日(土)~2月9日(日) 
サンポートホール高松会館15周年記念事業
高松国際ピアノコンクール連携コンサート
~あの感動がよみがえる 世界へ羽ばたく若きピアニストと仲間たち~

開演:14:00(両日とも) サンポートホール高松(香川県)
主催:サンポートホール高松
チケット:サンポートホール高松プレイガイド  TEL.087-825-5008(年末年始・臨時休業日以外無休9:00-18:30)
 ▶HPはこちらより
 

2020年6月5日(金) 

ティータイムコンサートシリーズ
古海行子ピアノリサイタル

開演:14:00   ザ・フェニックスホール(大阪府)
主催:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
   あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
チケット:ザ・フェニックスホール チケットセンター TEL.03-6363-7999(平日10:00-17:00 / 土日祝・年末年始休業)
 ▶HPはこちらより

CD販売情報

日本コロムビア【Opus One】シューマン:ピアノ・ソナタ第3番 / 古海行子 (ピアノ)
2019/1/23発売 ¥2,000+税(1CD)

コンクール

パデレフスキ国際ピアノコンクールについて

ピアニスト・作曲家であり、ポーランドの首相も務めたイグナツィ・ヤン・パデレフスキを記念して行われる音楽コンクールで、1961年に第1回が開催され、1998年(第4回)からは国際ピアノコンクールとして、3年に一度11月に開催されています。今回の第11回のコンクールは、185名の応募者より世界都市での予備予選で選ばれた15カ国から56名より45名が出場、1次予選、2次予選、セミファイナルを経て、ファイナルに5名が選出されました。ファイナルは11月22日から23日にかけて行われ、古海行子さんが第3位を受賞しました。

パデレフスキ国際ピアノコンクールホームページ(英語)URL
http://konkurspaderewskiego.pl/en/

PAGE TOP

TOP