index.htmlTEXTJEDTナタ,・・_ ORC ―昭和音楽大学 オープンリサーチセンターオペラ研究所 ―
キャッチ
過去シンポジウムバナー
第13回=オペラ劇場運営の現在・ベルギー=
オペラ・ハウスの芸術運営と創作過程
〜オペラ歌手によるワークショップとともに

 日     時: 2006年1月15日(日)
 場     所: 津田ホール

 講     師: 大野 和士(ベルギー王立モネ劇場 音楽監督)
 ソ プ ラ ノ: 木下美穂子(二期会所属)
 テ ノ ー ル: 小山陽二郎(藤原歌劇団所属)
 後     援: ベルギー王国大使館
   
<第 I 部>基調講演
<第 II 部>実技指導
 
ベルギー王立モネ劇場音楽監督を務め、パリ・シャトレ座ではストライキによる公演中止の危機を、卓抜した才知で乗り越えて話題をさらうなど、世界的に活躍する大野和士氏が登場。前半ではそうしたエピソードの数々を紹介。後半は大野氏自らのピアノ演奏で歌手とのセッションを再現することで、実際に生のオペラの創造現場を感じとる趣向が評判を呼んだ。
第・部は、大野氏が海外の歌劇場で見たC.クライバー、W.サヴァリッシュら錚々たる指揮者たちの稽古場でのエピソードを紹介。彼らが歌手たちに練習をつける現場に居合わせたことが、かけがえのない財産になったという。現在音楽監督を務めるモネ劇場は、世界でもいち早く多方面からの演出家を起用し、関係を築いてきたことが、劇場のエネルギーともなってきたことを強調。合わせてパリ・シャトレ座のストライキの経験を例に、現場での危機管理について語った。
第 I 部は、大野氏が海外の歌劇場で見たC.クライバー、W.サヴァリッシュら錚々たる指揮者たちの稽古場でのエピソードを紹介。彼らが歌手たちに練習をつける現場に居合わせたことが、かけがえのない財産になったという。現在音楽監督を務めるモネ劇場は、世界でもいち早く多方面からの演出家を起用し、関係を築いてきたことが、劇場のエネルギーともなってきたことを強調。合わせてパリ・シャトレ座のストライキの経験を例に、現場での危機管理について語った。
 
第II部は大野氏自らがピアノに向かい、木下美穂子(二期会所属)、小山陽二郎(藤原歌劇団所属)両氏を迎えたワークショップ。《ラ・ボエーム》《椿姫》などの名場面を使って、初めて合わせる歌手とでも、いかに話し合いながら舞台を作っていくのか、指揮者は音楽をいかにリードするのかを披露した。
© 三浦興一
第 II 部は大野氏自らがピアノに向かい、木下美穂子(二期会所属)、小山陽二郎(藤原歌劇団所属)両氏を迎えたワークショップ。《ラ・ボエーム》《椿姫》などの名場面を使って、初めて合わせる歌手とでも、いかに話し合いながら舞台を作っていくのか、指揮者は音楽をいかにリードするのかを披露した。
 
<< 元の記事へ戻る
A@@ 00 フ フI;dカヨA+・ニ2hiro font data etc.