キャッチ
過去シンポジウムバナー
第3回:公開講座=オペラ劇場運営の現在=
「わが国と海外のオペラマネージメント―現状と問題点―」

日時:2003年3月19日(水)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター小ホール


 講   師:
<第 I 部>根木昭(長岡技術科学大学教授)
石田麻子(昭和音楽大学オペラ研究所嘱託研究員)
<第 II 部>永竹由幸(昭和音楽大学教授)
中山欽吾(財団法人二期会オペラ振興会常務理事・事務局長)
美山良夫(慶應義塾大学教授)
渡辺通弘(昭和音楽大学教授)
   
<第 I 部>日本におけるオペラマネージメントの実態
「わが国におけるオペラ制作の現状と課題」
=わが国におけるオペラ政策と関連して=

根木昭・石田麻子

<第 II 部>海外におけるオペラマネージメントの実態
「イタリアにおけるオペラマネージメントの現状把握」
永竹由幸

「ドイツにおけるオペラ劇場の現状と課題」=予備調査を通して=
中山欽吾(小林真理)

「アジアにおけるオペラ上演の基本的問題群」
=モンゴルのオペラ劇場を訪問して=

美山良夫

「アメリカとオーストラリアのオペラマネージメントの現状」
=劇場を持たないオペラ制作団体=

渡辺通弘

<第 III 部>質疑応答とまとめ
 
第 I 部、東京芸術大学の根木昭教授と昭和音楽大学の石田麻子講師による発表「日本におけるオペラマネージメントの実態」 第 II 部、二期会オペラ振興会事務局長・中山欽吾氏による共同研究発表「ドイツにおけるオペラ劇場の現状と課題」
 
第 II 部、二期会オペラ振興会事務局長・中山欽吾氏による共同研究発表「ドイツにおけるオペラ劇場の現状と課題」 モンゴルのオペラ劇場の実態を映像を交えて報告する慶應義塾大学教授の美山良夫氏。
 
 
昭和音楽大学の渡辺通弘名誉教授による発表「アメリカとオーストラリアのオペラ運営の現状」  
 
全員によるパネル・ディスカッション。
 
熱心にメモをとる参加者席の模様。
<< 元の記事へ戻る