昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
大学_サウンドプロデュース2016バナー
サウンドプロデュースコース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生

講習会

5/7(日)

オープンキャンパス

5/20(土)
テキストの色がタブに反映されます→文字色
サウンドプロデュースコース

ポピュラー音楽の作曲・編曲を中心に、演奏、プロデュースを総合的に学び、
真の良質な音楽を創造できるアーティストを目指す


クリエイターとプロデューサーの能力を修得
グループレッスンを中心に、ソングライティング、作曲・編曲、録音制作などの科目を学びます。さらには4年間を通してサウンドプロデュースの基礎から応用までを徹底的に身につけます。

プロとして役立つ技術を網羅
音 楽制作の現場では、音楽理論はもちろんのこと、録音技術、PA技術、演奏技術が不可欠です。コンピュータを駆使した作曲・編曲・サウンド編集および音楽プ ロデュースをグループレッスンで学びます。エンジニアの技術を演習によって修得。ショウケースライブという実践の場を通じて、それらの成果を発表します。

音楽ビジネスの現場で生きる“総合力”
作曲、演奏、プロデュースを総合的に学んだ能力を生かし、映像音楽、ゲーム音楽などのクリエイター、PAやレコーディングのエンジニア、企画力とプレゼンテーション能力が必要なプロデューサーやプロモーターとして、音楽業界の様々な場で卒業生が活躍しています。

学科info

業界の第一線で活躍する講師陣が指導

P16益田先生

益田 トッシュ 講師(サウンドプロデュース)

P16湊先生

湊 雅行 講師(スタジオワークス)

P16藤井先生

藤井 丈司 講師(音楽プロデュース論)

P16村上先生2

村上 輝生 講師(PA演習)

サウンドプロデュースコース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目(必修・選択)、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • サウンドプロデュース①
  • ポピュラー作曲・編曲法①
  • ソングライティング演習①
  • ポピュラー音楽概論 ■ 録音制作Ⅰ・Ⅱ
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • サウンドプロデュース②
  • ポピュラー作曲・編曲法②
  • ソングライティング演習②
  • 録音制作Ⅲ
  • サウンドプロデュース③
  • 音楽プロデュース論
  • サウンドプロデュース④





  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ①
  • ポピュラーヴォーカルⅡ①
  • インストゥルメンツⅡ①
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ②
  • ポピュラーヴォーカルⅡ②
  • インストゥルメンツⅡ②
  • 映像の音楽
  • ポピュラー実技Ⅰ①
  • ポピュラーアンサンブル①
  • ポピュラー作曲・編曲法③
  • スタジオワークス①
  • オーケストレーション
  • ポピュラー実技Ⅰ②
  • ポピュラーアンサンブル②
  • ポピュラー作曲・編曲法④
  • スタジオワークス②
  • 基本ソルフェージュ①~③  ・聴音・視唱ソルフェージュ①~③  ・鍵盤ソルフェージュ①~③  ・総合ソルフェージュ①~③



  • ピアノⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • 合唱①
  • ミュージックセオリー(初級・中級・上級)
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • 簿記・会計入門
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台芸術概論
  • 音楽療法概説
  • 舞台スタッフ論①・②
  • 声楽Ⅱ①
  • リトミック①
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 発達心理学
  • ダンス
  • 障がい児教育概論
  • パフォーマンス①
  • ピアノⅡ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • デジタルミュージック概論
  • PA演習
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化環境論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • 器楽の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • ステージマネージャー演習①
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽心理学
  • 介護概論
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • サウンドプロデュース④
  • 声楽Ⅱ②
  • リトミック②
  • ポリフォニー演習
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 医学概論
  • オペラの歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • 舞踊の歴史と作品
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • 社会福祉概論
  • パフォーマンス②
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ
  • 指揮法Ⅰ
  • 音楽美学
  • 経営学Ⅱ
  • ステージマネージャー演習②
  • 作曲・編曲法Ⅱ
  • 環境音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽情報論
  • フィールドインターンシップ①
  • 合奏Ⅱ
  • 伴奏法Ⅱ
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台機構調整演習
  • 看護学演習
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • 対位法
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • ステージマネージャー演習③
  • フィールドインターンシップ②
  • パフォーマンス④

Points!

P17サンプロ

サウンドプロデュース
自分の音楽を表現するためには、人々に何を、いかに伝えていくのかを考えることが大切です。音楽制作の基本からスタートし、プロデュースする立場で音楽を捉えながら創作を重ねます。

P17スタジオワークス

録音制作 、スタジオワークス
学生が制作した楽曲のレコーディングを行い、実践的なスタジオワークを学びます。プロデューサー、エンジニアとしての立場を経験します。

P17スタジオワークス

ポピュラー実技Ⅰ
個人レッスンで、専攻する楽器のベーシックトレーニングと課題曲の演奏から、基礎能力と演奏技術を
修得。アンサンブルやライブにも応用し、音楽力を高めます。

先輩からのメッセージ

実践力を養う刺激的な日々と
攻めの姿勢でつかんだプロへの足がかり


人々の心を揺さぶるような作曲家、プロデューサーを目指して入学しました。大学では現在携わっているポピュラー音楽の分野に必要な実践力を身につけることができました。これからの時代はマルチな能力を求められるので、音楽制作や録音技術だけでなく、楽器演奏を並行して学べたことが大きな武器になっています。興味や疑問を積極的にぶつけられる先生方との交流も刺激的でした。そこで培った攻めの姿勢は、プロへの足がかりとなりました。

サウンドクリエイター
KOUGA
サウンドプロデュースコース卒
東京都 | 若葉総合高等学校卒

P16KOUGA

profile
2015年4月、musicるTV『ミリオン連発音楽作家塾』第3期生として出演、℃-uteに楽曲を提供する。ピアノ兼作曲を担当するピアノヴォーカルユニット「PeaPntTail」で天下一音楽会の最終選考に出演(Zepp東京)。

資料請求
資料請求

受験生NAVI

サウンドプロデュースコース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目(必修・選択)、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • サウンドプロデュース①
  • ポピュラー作曲・編曲法①
  • ソングライティング演習①
  • ポピュラー音楽概論 ■ 録音制作Ⅰ・Ⅱ
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • サウンドプロデュース②
  • ポピュラー作曲・編曲法②
  • ソングライティング演習②
  • 録音制作Ⅲ
  • サウンドプロデュース③
  • 音楽プロデュース論
  • サウンドプロデュース④





  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ①
  • ポピュラーヴォーカルⅡ①
  • インストゥルメンツⅡ①
  • ポピュラー・ジャズピアノⅡ②
  • ポピュラーヴォーカルⅡ②
  • インストゥルメンツⅡ②
  • 映像の音楽
  • ポピュラー実技Ⅰ①
  • ポピュラーアンサンブル①
  • ポピュラー作曲・編曲法③
  • スタジオワークス①
  • オーケストレーション
  • ポピュラー実技Ⅰ②
  • ポピュラーアンサンブル②
  • ポピュラー作曲・編曲法④
  • スタジオワークス②
  • 基本ソルフェージュ①~③  ・聴音・視唱ソルフェージュ①~③  ・鍵盤ソルフェージュ①~③  ・総合ソルフェージュ①~③



  • ピアノⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • 合唱①
  • ミュージックセオリー(初級・中級・上級)
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • 簿記・会計入門
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台芸術概論
  • 音楽療法概説
  • 舞台スタッフ論①・②
  • 声楽Ⅱ①
  • リトミック①
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 発達心理学
  • ダンス
  • 障がい児教育概論
  • パフォーマンス①
  • ピアノⅡ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • デジタルミュージック概論
  • PA演習
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化環境論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • 器楽の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • ステージマネージャー演習①
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽心理学
  • 介護概論
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • サウンドプロデュース④
  • 声楽Ⅱ②
  • リトミック②
  • ポリフォニー演習
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 医学概論
  • オペラの歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • 舞踊の歴史と作品
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • 社会福祉概論
  • パフォーマンス②
  • 鍵盤演奏表現Ⅱ
  • 指揮法Ⅰ
  • 音楽美学
  • 経営学Ⅱ
  • ステージマネージャー演習②
  • 作曲・編曲法Ⅱ
  • 環境音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽情報論
  • フィールドインターンシップ①
  • 合奏Ⅱ
  • 伴奏法Ⅱ
  • 文化政策論Ⅰ・Ⅱ
  • 舞台機構調整演習
  • 看護学演習
  • 日本伝統音楽演習Ⅰ・Ⅱ
  • 対位法
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • ステージマネージャー演習③
  • フィールドインターンシップ②
  • パフォーマンス④

Points!

P17サンプロ

サウンドプロデュース
自分の音楽を表現するためには、人々に何を、いかに伝えていくのかを考えることが大切です。音楽制作の基本からスタートし、プロデュースする立場で音楽を捉えながら創作を重ねます。

P17スタジオワークス

録音制作 、スタジオワークス
学生が制作した楽曲のレコーディングを行い、実践的なスタジオワークを学びます。プロデューサー、エンジニアとしての立場を経験します。

P17スタジオワークス

ポピュラー実技Ⅰ
個人レッスンで、専攻する楽器のベーシックトレーニングと課題曲の演奏から、基礎能力と演奏技術を
修得。アンサンブルやライブにも応用し、音楽力を高めます。

先輩からのメッセージ

実践力を養う刺激的な日々と
攻めの姿勢でつかんだプロへの足がかり


人々の心を揺さぶるような作曲家、プロデューサーを目指して入学しました。大学では現在携わっているポピュラー音楽の分野に必要な実践力を身につけることができました。これからの時代はマルチな能力を求められるので、音楽制作や録音技術だけでなく、楽器演奏を並行して学べたことが大きな武器になっています。興味や疑問を積極的にぶつけられる先生方との交流も刺激的でした。そこで培った攻めの姿勢は、プロへの足がかりとなりました。


サウンドクリエイター
KOUGA
サウンドプロデュースコース卒
東京都 | 若葉総合高等学校卒

P16KOUGA

profile
2015年4月、musicるTV『ミリオン連発音楽作家塾』第3期生として出演、℃-uteに楽曲を提供する。ピアノ兼作曲を担当するピアノヴォーカルユニット「PeaPntTail」で天下一音楽会の最終選考に出演(Zepp東京)。

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP