昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
演奏会・公演
声楽コース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生
テキストの色がタブに反映されます→文字色
声楽コース
歴史と伝統に裏付けられた教育が
確かな実力を身につけた声楽家へと導く


ベルカント唱法を正しく学ぶ
声を作り上げる過程にある学生の間にベルカント唱法の基礎を確実に身につけるため、1年次は週2 回・30 分の個人レッスンを行い、年齢や声の特徴に合う適切なレパートリーを修得します。

ソロからオペラまで多くの舞台を経験
本学の伝統であるメサイア公演、国内屈指の実績をもつオペラ公演をはじめ、学内外の公演や試験、コンクールなど、豊富な舞台経験を積むことで、舞台での実践力を養います。

学科info

ソロから室内楽、オーケストラまで数多くの演奏経験を重ねて飛躍します。

声楽Point!

学長賞声楽コンクール

将来、オペラ歌手などの声楽家として活躍が期待される学生のための学内コンクールを開催しています。優秀者には賞状および、副賞として韓国での日韓交流コンサート参加の特典が与えられます。

2017大_声楽_学長声楽コンクール1

2017大_声楽_学長声楽コンクール2

2017大_声楽_学長声楽コンクール3

↓横にスクロールできます

 1年次2年次3年次4年次



  •  声楽Ⅰ①
  • ピアノⅡ① 
  • 合唱①
  • ハーモニー演習① 
  • オペラ演習Ⅰ①
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • 歌うためのイタリア語
  • 聴音・視唱ソルフェージュ①
  • 基礎イタリア語
     
  •  声楽Ⅰ②
  • ピアノⅡ② 
  • 合唱②
  • オペラ演習Ⅰ② 
  • オペラの歴史と作品
  • 初級イタリア語
  • 声楽Ⅰ③
  • オペラ演習Ⅰ③ 
  • 合唱③
  • 海外研修Ⅰ
  • 声楽Ⅰ④
  • オペラ演習Ⅰ④ 
  • 合唱④
  • オペラ公演実習
     





 
  • 声楽アンサンブル基礎
  • ドイツ歌曲①
  • フランス歌曲①
  
  • 基本ソルフェージュ①~③  ・聴音・視唱ソルフェージュ①~③  ・鍵盤ソルフェージュ①~③  ・総合ソルフェージュ①~③

※上記以外の科目は下記をご参照ください
 ■ 専門科目(選択)(570KB) 
 ■ 教養科目・外国語科目(517KB)

Pick Up

2017大_声楽_pickup1

声楽Ⅰ
実技個人レッスン。呼吸から発声、共鳴にいたるまでの歌唱の技術を、基礎から身につけていきます。

2017大_声楽_pickup2

合唱
合唱音楽を学び、精緻なアンサンブルを創り上げながら、声楽技術を向上させ、合唱作品への理解を深めます。「メサイア」と「第九」を課題の中心とし、毎年開催する両公演に、昭和音楽大学合唱団として出演します。

P39オペラ演習

オペラ演習Ⅰ
基礎的な演技やスコアの読み方(特にレチタティーヴォ等)を段階的に学びます。4 年次には大学オペラ公演に合唱として出演します。

2017大_声楽_pickup2

2017大_声楽_pickup4

オペラ演習Ⅰ④・オペラ公演実習
4 年次に、大学オペラ公演の舞台に合唱として出演します。歌詞のディクション(発声の仕方)を学び、合唱部分の演習を行いながら、作品およびオペラの全体像を深く理解し、舞台での演じ方、歌い方、オーケストラとの合わせ方などを実践的に学びます。

2017大_声楽_海外研修

昭和音楽大学イタリア研修所

P39海外研修

ウィリアム・マッテウッツイ先生のレッスン
海外研修Ⅰ
本学イタリア研修所で、現地講師による個人レッスン、オペラ基礎演技、イタリア語会話を学ぶほか、オペラ鑑賞も実施します。ヨーロッパの文化に触れ、芸術に対する感性や音楽観を養います。

※内容は近年実績です。国際情勢の急変など、安全上やむを得ない場合は、内容が変更または中止となることがあります。

先生からのメッセージ

マリエッラ・デヴィーア特別客員教授

歌手を志す若い皆さんは、まず個々の声質に合ったレパートリーの選択を心がけてください。そして、作品の中に込められたあらゆる要素を、観客に届けるために歌うことが大切です。そのための基盤であり、到達点でもある技術を、心理的な事柄とともに作り上げること。それを私は学生たちにお伝えしたいと思います。

Mariella Devia
(ソプラノ)

P38学内Info

profile
国立ローマ・サンタ・チェチリア音楽院声楽科修了。73 年、トーティ・ダル・モンテコンクールで優勝し、「ランメルモールのルチア」のルチア役でデビュー。彼女のルチアは、世界中の観衆および批評家から、ベルカントの歴史に輝く金字塔として認められた。世界各国の劇場や音楽祭でオペラ史上重要な諸作品のヒロインを演じ、その精緻で豊かな歌唱表現は、至高の芸術として絶賛されている。

先輩からのメッセージ

海外研修の貴重な経験が
イタリア留学の道を開いてくれました


在学中の様々な学びや大学オペラ公演、世界で活躍する歌手を招聘して開講されるレッスンなど、数々の体験から感銘を受け、留学を意識するようになりました。海外研修では、現地の先生方による授業を通して西洋文化の源流に触れ、オペラの魅力を一層深く知ることができました。現在はパルマ音楽院を修了し、イタリアでオペラ歌手としてのキャリアを築き始めています。多くのオーディションに挑戦したり、オペラの勉強を続けていく中で、大学で学んだ台本研究や役作り、しなやかで美しい舞台での立ち居振る舞いなどが役立っています。オペラ公演は、およそ1か月をかけて舞台に関わる大勢の人たちと一つの作品を創り上げていきます。その集大成としての公演に臨み、お客さまに拍手をいただけた時に、歌手として大きなやりがいを感じます。2016 年夏には、マルティーナ・フランカで開催されたオペラフェスティバルにて、マスタークラスのオーディションを通過することができ、世界的な指揮者、ファビオ・ルイージ氏の指揮のもと、モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」にデスピーナとして出演を果たしました。これからも挑戦し続ける熱意を持ち、オペラ歌手として舞台を目指していきたいと思います。

声楽家/パルマ音楽院に留学中
横前 奈緒さん Nao Yokomae
声楽コース卒業
長野県 | 伊那弥生ヶ丘高等学校出身

2017大_声楽_yokomae

2017大_声楽_yokomae2

パルマ音楽院、レーリオ・カピルーピ先生のレッスンより

2017大_声楽_yokomae3

ファビオ・ルイージ氏と共演
(マルティーナ・フランカのオペラフェスティバルにて)
profile
第20 回日本クラシック音楽コンクール 声楽部門最上位、第45 回日本イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門金賞および聴衆賞、第3回フランコ・フェデリーチ・コンクール(パルマ)第1位。パルマ音楽院修士課程を最優秀成績で卒業後、アカデミア・デル・ベルカント“ ロドルフォ・チェッレッティ” に合格。パルマを拠点に劇場でのコンサートおよび公演に出演する一方、出身地長野県に本場のオペラの魅力を伝える活動も行っている。

資料請求2017
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP