昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
大学_バレエ2016バナー
バレエコース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 在学生
テキストの色がタブに反映されます→文字色
大学バレエ1
バレエコース
ダンサーや指導者に必要な技術と理論を修得し、バレエ界で活躍できる人材を育成
指導者に必要な専門科目を幅広く修得
バレエ実技に加え、「解剖学」や「バレエ史」、「舞踊心理学」など、指導に必要となる専門的なカリキュラムが充実しています。

実践で学ぶ機会が豊富
「バレエ指導法演習」では、指導の現場で実習を行っています。年1回の公演のほか、海外研修では現地研修先でレッスンを受講するなど、実践で学ぶ機会を提供しています。

毎日の実技レッスンで技術を向上
バレエの実技科目は毎日受講できる体制です。また、キャラクター、コンテンポラリーなど様々なジャンルのダンスも学び、実演能力を高めながら、正しいバレエテクニックを指導できる人材を育成します。

学科info

充実した施設と公演機会により実践的な体制を整えています

年に1回、「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」において、バレエの試演会・卒業公演を実施します。本格的なステージはもちろん、通常の実技レッスンも特殊科目を除いてピアノ伴奏で行い、また多くのレッスンスタジオを使用して毎日の実技授業を充実させるなど、国内でも数少ないバレエ専門コースを持つ大学として、実践的な体制を整えています。

昭和音楽大学_バレエスタジオ

バレエコース(2017年度予定カリキュラム)

表のみ横にスクロールできます。

※教養科目、外国語科目は除く
 1年次2年次3年次4年次



  • バレエ・クラスⅠ①
  • バレエ演習Ⅰ①
  • バレエ演習Ⅱ①
  • バレエ演習Ⅲ①
  • バレエ演習Ⅳ①
  • 舞踊史
  • 解剖学
  • バレエ指導法演習①
  • バレエ音楽演習①
  • バレエ・クラスⅠ②
  • バレエ演習Ⅰ②
  • バレエ演習Ⅱ②
  • バレエ演習Ⅲ②
  • バレエ演習Ⅳ②
  • 動作学
  • 舞踊心理学
  • バレエ指導法演習②
  • 振付創作法①
  • バレエ・クラスⅠ③
  • バレエ演習Ⅰ③
  • バレエ演習Ⅱ③
  • バレエ演習Ⅲ③
  • バレエ演習Ⅳ③
  • バレエ学概論
  • バレエ指導法演習③
  • 振付創作法②
  • バレエ・クラスⅠ④
  • バレエ演習Ⅰ④
  • バレエ演習Ⅱ④
  • バレエ演習Ⅲ④
  • バレエ演習Ⅳ④
  • 卒業論文





  • ピアノⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  



  • 声楽Ⅱ①
  • リトミック①
  • 合奏Ⅳ①
  • 合唱①
  • バレエ・クラスⅡ①
  • バレエ・クラスⅢ①
  • バレエ・クラスⅥ①
  • バレエ・クラスⅤ①
  • バレエ演習Ⅴ①
  • ボディコンディショニング
  • ハーモニー演習①
  • 音楽基礎演習
  • 舞台衣裳製作法
  • 栄養学演習
  • 児童心理
  • 鍵盤音楽の歴史と作品
  • ジャズの歴史と作品
  • ポピュラー音楽概論
  • ミュージックビジネスと社会
  • ライブビジネスと社会
  • アートマネジメント概論Ⅰ・Ⅱ
  • 簿記・会計入門
  • 舞台スタッフ論①②
  • 舞台制作概論
  • 発達心理学
  • 日本古典芸能Ⅰ・Ⅱ
  • タップダンス①
  • 西洋音楽史Ⅰ
  • 舞台芸術概論
  • 障がい児教育概論
  • 音楽療法概説
  • パフォーマンス①
     
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • リトミック② 
  • 合奏Ⅳ② 
  • 合唱②
  • バレエ・クラスⅡ②
  • バレエ・クラスⅢ②
  • バレエ・クラスⅣ②
  • バレエ・クラスⅤ②
  • バレエ演習Ⅴ②
  • バレエ音楽演習②
  • バレエ美学
  • ジャズダンス
  • 台本・シナリオ演習①
  • 舞台衣装概論
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 芸術文化環境論
  • 医学概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • オペラの歴史と作品
  • 器楽の歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • ハーモニー演習②
  • ステージマネージャー演習
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 管弦楽概論
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • コンピュータ音楽概論 
  • 音楽心理学
  • 社会福祉概論
  • 介護概論
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  •  鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • リトミック② 
  • 合奏Ⅳ②
  • 合唱②
  • バレエ・クラスⅡ②
  • バレエ・クラスⅢ②
  • バレエ・クラスⅣ②
  • バレエ・クラスⅤ②
  • バレエ演習Ⅴ②
  • バレエ音楽演習②
  • バレエ美学
  • ジャズダンス
  • 台本・シナリオ演習①
  • 舞台衣装概論
  • 経営学Ⅰ
  • 芸術関係法規
  • 芸術文化と社会Ⅱ
  • 芸術文化環境論
  • 医学概論
  • 日本古典芸能Ⅲ
  • オペラの歴史と作品
  • 器楽の歴史と作品
  • 演劇の歴史と作品
  • ミュージカルの歴史と作品
  • ハーモニー演習②
  • ステージマネージャー演習
  • 楽式論Ⅰ・Ⅱ
  • 管弦楽概論
  • 民族音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本音楽概論Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅱ
  • コンピュータ音楽概論 
  • 音楽心理学
  • 社会福祉概論
  • 介護概論
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 合奏Ⅳ④
  • バレエ・クラスⅡ④
  • バレエ・クラスⅢ④
  • バレエ・クラスⅣ④
  • バレエ・クラスⅤ④
  • バレエ演習Ⅴ④
  • バレエ指導法演習④
  • パフォーマンス④
  • ステージマネージャー演習③
  • フィールドインターンシップ②


● 基本ソルフェージュ①~③ ● 聴音・視唱ソルフェージュ①~③ ● 鍵盤ソルフェージュ①~③ ● 総合ソルフェージュ①~③

 

大学バレエ2

バレエ演習
ポアント、ヴァリエーション、アンサンブル、アダジオなど、バレエに直接関わるテクニックとコンテンポラリーを学びます。また、ジャズ、日本舞踊などの選択科目もあります。

大学バレエ3

解剖学
クラシックバレエの動作と結びついた内容の解剖学です。身体運動に関わる骨格と筋肉について学び、さらに発展した動作学の授業で深く学びます。
 

大学バレエ4

海外研修Ⅱ( 選択)
英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(RAD)のスタジオで、レッスンを受講します。また、バレエ鑑賞・ミュージカル鑑賞、美術館・博物館見学などを行います。
 
※内容は近年実績です。国際情勢の急変など、安全上やむを得ない場合は、 研修地・内容が変更または中止となることがあります。

先輩からのメッセージ

ダンサーとして活動していくために、専門知識を体系的に修得することができました
 
ダンサーとして活動していくためには、多様なジャンルの舞踊を体系的に修得することと、解剖学などの科学的知識により体を壊さない踊り方を知ることが重要です。そうした専門知識を身につけて自分の踊りに生かしたいと考え、バレエ教育に歴史がある昭和音大に入学しました。大学では先生方の熱心なご指導によりプロ意識が芽生え、より深く意味を考えながら踊るようになりました。それはプロとなった今でも変わらず実践しています。

チャイコフスキー記念東京バレエ団アーティスト
海田 一成 Kazunari Kaida
バレエコース卒
宮崎県 | 宮崎学園高等学校卒

大学バレエ5

主な就職先

K-BALLET COMPANY団員、NBAバレエ団団員、スターダンサーズ・バレエ団団員、東京シティ・バレエ団団員、谷桃子バレエ団団員、 チャコット・カルチャースタジオ講師、ツルタバレエ芸術学校講師、劇団四季、東京ディズニーリゾート エンターテイナー、サンリオピューロランド エンターテイナー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン エンターテイナー、昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室講師 ほか

資料請求
資料請求

受験生NAVI

大学バレエ1
バレエコース
ダンサーや指導者に必要な技術と理論を修得し、バレエ界で活躍できる人材を育成
指導者に必要な専門科目を幅広く修得
バレエ実技に加え、「解剖学」や「バレエ史」、「舞踊心理学」など、指導に必要となる専門的なカリキュラムが充実しています。

実践で学ぶ機会が豊富
「バレエ指導法演習」では、指導の現場で実習を行っています。年1回の公演のほか、海外研修では現地研修先でレッスンを受講するなど、実践で学ぶ機会を提供しています。

毎日の実技レッスンで技術を向上
バレエの実技科目は毎日受講できる体制です。また、キャラクター、コンテンポラリーなど様々なジャンルのダンスも学び、実演能力を高めながら、正しいバレエテクニックを指導できる人材を育成します。

学科info

充実した施設と公演機会により実践的な体制を整えています

年に1回、「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」において、バレエの試演会・卒業公演を実施します。本格的なステージはもちろん、通常の実技レッスンも特殊科目を除いてピアノ伴奏で行い、また多くのレッスンスタジオを使用して毎日の実技授業を充実させるなど、国内でも数少ないバレエ専門コースを持つ大学として、実践的な体制を整えています。

昭和音楽大学_バレエスタジオ

バレエコース

表のみ横にスクロールできます。

 1年次2年次3年次4年次
バレエの正確な
テクニックを身につける
多様なジャンルの
ダンスを学び、幅を広げる
指導者に必要な専門科目を
学び、実習を行う
技術と理論を備え、
優れた実演と指導を追求



  • バレエ・クラスⅠ①
  • バレエ演習Ⅰ①
  • バレエ演習Ⅱ①
  • バレエ演習Ⅲ①
  • バレエ演習Ⅳ①
  • バレエ史
  • 解剖学
  • バレエ指導法演習①
  • バレエ用語演習
  • バレエ音楽演習①
  • バレエ・クラスⅠ②
  • バレエ演習Ⅰ②
  • バレエ演習Ⅱ②
  • バレエ演習Ⅲ②
  • バレエ演習Ⅳ②
  • 動作学
  • 舞踊心理学
  • バレエ指導法演習②
  • 振付創作法①
  • バレエ・クラスⅠ③
  • バレエ演習Ⅰ③
  • バレエ演習Ⅱ③
  • バレエ演習Ⅲ③
  • バレエ演習Ⅳ③
  • バレエ学概論
  • バレエ指導法演習③
  • 振付創作法②
  • バレエ・クラスⅠ④
  • バレエ演習Ⅰ④
  • バレエ演習Ⅱ④
  • バレエ演習Ⅲ④
  • バレエ演習Ⅳ④
  • 卒業論文





  • ピアノⅡ①
  • 鍵盤演奏表現Ⅰ
  • ※いずれか1科目を必ず選択
   



  • 声楽Ⅱ①
  • 合奏Ⅳ①
  • 合唱①
  • バレエ・クラスⅡ①
  • バレエ・クラスⅢ①
  • バレエ・クラスⅣ①
  • バレエ・クラスⅤ①
  • バレエ演習Ⅴ①
  • バレエ演習Ⅵ①
  • バレエ演習Ⅶ①
  • ハーモニー演習①
  • 音楽基礎演習
  • 舞台衣裳製作法
  • 栄養学演習
  • 児童心理
  • 舞台制作概論
  • アートマネジメント概論
  • 舞台スタッフ論
  • パフォーマンス①
  • 発達心理学
  • ポピュラー音楽概論
  • 基本ソルフェージュ i~iii
  • 視唱ソルフェージュ i~vi
  • 聴音ソルフェージュ i~vi
  • 鍵盤ソルフェージュ i~vi
  • 総合ソルフェージュ i~vi
  • ピアノⅡ②
  • 声楽Ⅱ②
  • 舞踊譜演習①
  • 鍵盤演奏表現Ⅲ・Ⅳ
  • 合奏Ⅳ②
  • 合唱②
  • バレエ・クラスⅡ②
  • バレエ・クラスⅢ②
  • バレエ・クラスⅣ②
  • バレエ・クラスⅤ②
  • バレエ演習Ⅴ②
  • バレエ演習Ⅵ②
  • バレエ演習Ⅶ②
  • バレエ音楽演習②
  • ハーモニー演習②
  • 音楽美学
  • ステージマネージャー演習
  • パフォーマンス②
  • 海外研修Ⅱ・Ⅳ
  • 総合ソルフェージュ vii
  • 指揮法
  • バレエ・クラスⅡ③
  • バレエ・クラスⅢ③
  • バレエ・クラスⅣ③
  • バレエ・クラスⅤ③
  • バレエ演習Ⅴ③
  • バレエ演習Ⅵ③
  • バレエ演習Ⅶ③
  • 看護学演習
  • 運動生理学
  • 舞踊譜演習②
  • 演出論
  • パフォーマンス③
  • 海外研修Ⅴ
  • バレエ・クラスⅡ④
  • バレエ・クラスⅢ④
  • バレエ・クラスⅣ④
  • バレエ・クラスⅤ④
  • バレエ演習Ⅴ④
  • バレエ演習Ⅵ④
  • バレエ演習Ⅶ④
  • 合奏Ⅳ④
  • バレエ美学
  • バレエ指導法演習④
  • パフォーマンス④

大学バレエ2

バレエ演習
ポアント、ヴァリエーション、アンサンブル、アダジオなど、バレエに直接関わるテクニックとコンテンポラリーを学びます。また、ジャズ、日本舞踊などの選択科目もあります。

大学バレエ3

解剖学
クラシックバレエの動作と結びついた内容の解剖学です。身体運動に関わる骨格と筋肉について学び、さらに発展した動作学の授業で深く学びます。
 

大学バレエ4

海外研修Ⅱ( 選択)
英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(RAD)のスタジオで、レッスンを受講します。また、バレエ鑑賞・ミュージカル鑑賞、美術館・博物館見学などを行います。
 
※内容は近年実績です。国際情勢の急変など、安全上やむを得ない場合は、 研修地・内容が変更または中止となることがあります。

先輩からのメッセージ

ダンサーとして活動していくために、専門知識を体系的に修得することができました
 
ダンサーとして活動していくためには、多様なジャンルの舞踊を体系的に修得することと、解剖学などの科学的知識により体を壊さない踊り方を知ることが重要です。そうした専門知識を身につけて自分の踊りに生かしたいと考え、バレエ教育に歴史がある昭和音大に入学しました。大学では先生方の熱心なご指導によりプロ意識が芽生え、より深く意味を考えながら踊るようになりました。それはプロとなった今でも変わらず実践しています。

チャイコフスキー記念東京バレエ団アーティスト
海田 一成 Kazunari Kaida
バレエコース卒
宮崎県 | 宮崎学園高等学校卒

大学バレエ5

主な就職先

K-BALLET COMPANY団員、NBAバレエ団団員、スターダンサーズ・バレエ団団員、東京シティ・バレエ団団員、谷桃子バレエ団団員、 チャコット・カルチャースタジオ講師、ツルタバレエ芸術学校講師、劇団四季、東京ディズニーリゾート エンターテイナー、サンリオピューロランド エンターテイナー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン エンターテイナー、昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室講師 ほか

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP