昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

学園の歩み

沿革

1930年
4月
下八川圭祐 声楽研究所創立

日本の音楽界でいち早く「総合的なオペラ教育」を理念に掲げる
1940年
1月
東京声専音楽学校 設置許可

学園の歩み_東京声専音楽学校校舎 1939〜40年ごろ
東京声専音楽学校校舎 1939〜40年ごろ
4月東京声専音楽学校開設
(東京市淀橋区/現:東京都新宿区)
1945年
4月頃
戦災により校舎全焼
1947年
5月
夜間部の授業を復活

堀内敬三、作曲家・指揮者のマンフレット・グルリット、藤原歌劇団の創立者・藤原義江らが講師陣に名を連ねた。

学園の歩み_マンフレット・グルリットを囲んで
マンフレット・グルリットを囲んで(右端は下八川圭祐)
1948年6月20日 中央区立泰明小学校内
1952年
4月
大久保(東京都新宿区)に校舎が完成
1953年
2月
グルリット・オペラ協会旗揚げ公演「魔笛」(日本初演)に全面協力

教員養成所の指定を文部省(現:文部科学省)から受ける
1957年
10月
第1回声専オペラ・モーツァルト「魔笛」を日本青年館で公演

当時には例のなかった、学外ホールでの学校オペラの公演を実現
1958年
2月
学校法人東京声専音楽学校認可
1969年
2月
学校法人東成学園と改称認可

学園の歩み_〈声専オペラ〉『夢遊病の娘』(ベッリーニ・日本初演)
〈声専オペラ〉『夢遊病の娘』(ベッリーニ・日本初演)
1962年1月18日 文京公会堂
前列左から 中村健(エルヴィーノ)、粟國安彦(公証人)、 大谷洌子(アミーナ/演出)
4月昭和音楽短期大学開学(神奈川県厚木市)
1971年
6月
ヴェルディ「ナブッコ」日本初演(演奏会形式)

指揮:星出豊 構成:黒田恭一 
管弦楽:新星日本交響楽団(現:東京フィルハーモニー交響楽団)
1976年
10月
国立ブレーメン芸術大学(西ドイツ:当時)音楽科と交流
12月ヘンデル「メサイア」第1回公演
1979年
11月
グルック「アウリスのイフィゲニア」全曲日本初演

声専オペラが10年ぶりに学園オペラとして復活
指揮:星出豊 演出:粟國安彦
1980年
10月
初のオーケストラ秋季定期演奏会開催

指揮:ハンス・レーヴライン客員教授(元ベルリン国立歌劇場首席指揮者)
1981年
6月
イタリア国立ローマ・サンタ・チェチリア音楽院と交流

クラシック音楽最古の400年以上の歴史を持つ同音楽院の、アカデミアおよびコンセルヴァトーリオと交流関係を結ぶ

学園の歩み_1981年 サンタ・チェチリア音楽院
国立ローマ・サンタ・チェチリア音楽院との交流
1981年 サンタ・チェチリア音楽院
左から:ピッチーニ副総長、奥田良三学長、ザフレッド総長、吉田貴壽教授
10月附属音楽教室を開設
学園の歩み_下八川圭祐、砂原美智子教授、(1人おいて)ジャン・カルロ・メノッティ
左から下八川圭祐、砂原美智子教授、(1人おいて)ジャン・カルロ・メノッティ
1983年
5月
セルジョ・ペルティカローリ教授(ピアノ)を招聘

国立ローマ・サンタ・チェチリア音楽院副学長の同教授を初めて招聘
10月ヴィタリーニ作曲「ダヴィデ王」が学園オペラで世界初演される

ローマ教皇庁の要請により、キリスト没後1950年を記念する同作品の世界初演を果たす。

学園の歩み_〈東成学園オペラ〉『ダヴィデ王』 (ヴィタリーニ・世界初演)
〈東成学園オペラ〉
『ダヴィデ王』 (ヴィタリーニ・世界初演)
1983年10月23日
簡易保険ホール
1984年
4月
昭和音楽大学開学(神奈川県厚木市)

同時に昭和音楽短期大学の名称を昭和音楽大学短期大学部と改称
1985年
11月
旧ソ連の名ピアニスト、タチアナ・ニコライエワを招聘
1987年
5月
イタリアの名テノール、カルロ・ベルゴンツィを招聘し、声楽公開レッスンを開催
1989年
4月
東京声専音楽学校を昭和音楽芸術学院と改称、新百合ヶ丘(神奈川県川崎市)に移転
10月ウィーン国立音楽大学との交流公演「フィガロの結婚」

ケルビーノは当時同大学在学中のアンゲリカ・キルヒシュラーガー、世界的バス・バリトン、ワルター・ベリー教授の公開レッスンを開催。
1991年
4月
昭和音楽大学生涯学習センター、昭和音楽大学オペラ研究所を開設
1993年
9月
米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と交流協定を締結
10月学園オペラでA・スカルラッティ「ミトリダーラ・エウパトーレ」を日本初演
1994年
5月
北イタリア・ヴェネト州スキアヴォンに学園の研修施設「イタリア研修所」を開設
10月G.ドニゼッティ「オリーヴォとパスクワーレ」を日本初演

日伊音楽文化交流「音楽の虹」で、イタリア・コモ市のテアトロ・ソチャーレでも公演。

学園の歩み_〈大学オペラ〉『ドン・パスクァーレ』 (G.ドニゼッティ)
〈大学オペラ〉
『ドン・パスクァーレ』 (G.ドニゼッティ)
2001年11月 新国立劇場中劇場
1998年
4月
昭和音楽大学大学院開設(神奈川県厚木市)
2007年
4月
キャンパス移転

昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部・昭和音楽大学大学院を新百合ヶ丘(神奈川県川崎市)に移転
2007年
11月
大学オペラでG.ドニゼッティ「ピーア デ トロメイ」を日本初演
2014年
4月
昭和音楽大学大学院に博士後期課程を開設
2017年
4月
昭和音楽大学に音楽芸術表現学科を開設

創立者

創立者

下八川圭祐

(1900~1980)高知県出身
藤原歌劇団結成と同時に参加、オペラの日本初演に数多く出演し、 常にわが国オペラ界の第一線において活躍。

経歴
1926年 東洋音楽学校(現・東京音楽大学)本科声楽科卒業
1940年 東京声専音楽学校創立・校長就任
1958年 学校法人認可、理事長就任・校長兼任
1969年 昭和音楽短期大学創立・学長兼任
1972年 藤原歌劇団総監督就任
1974年 勲三等瑞宝章叙勲
1976年 日伊音楽協会会長就任
1980年 3月18日逝去

資料請求2017
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP