昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
音楽療法コース
音楽療法コース/大学
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 受賞情報
テキストの色がタブに反映されます→文字色

音楽療法コース

医療・福祉・教育、3 領域の実習体制を整え
高い専門性を身につけた人材を育成
音楽と音楽療法の専門性を同時に高める
基礎となるソルフェージュや音楽理論系科目と共に、音楽療法の専門科目や医学、心理学などの関連科目を学びます。ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の実技レッスンで演奏技術も高めます。

確実に力をつける充実した実習指導
現場での実践力を身につけるため、学内の音楽療法室Andanteや、学外の医療機関・福祉施設・教育機関で実習を行います。各分野の第一線で活動する教員が、質の高い指導を行います。
▼5つの力で、広く社会で活躍する人材を育成します

音療

2018年3月卒業生 進路決定率 100%
昭和音楽大学は日本音楽療法学会の認定校です
日本音楽療法学会の認定音楽療法士とは、同学会が認定する資格です。所定のカリキュラムを履修すると、日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)の受験資格が与えられます。

<日本音楽療法学会の認定音楽療法士になるには>
日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)を取得し、その後行われる実技・面接試験に合格することが必要です。

※音楽療法とは「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」(日本音楽療法学会の定義)

音楽療法コース カリキュラム

科目 Pick Up

2017大_施設実習

施設実習Ⅰ
実習を見学し、現場での心構えと観察記録の書き方を学びます。見学後には実習場面を再現して報告会を行います。
(写真は報告会の様子)

音楽療法テクニックⅣ

音楽療法テクニックⅣ
身体表現の基礎や、音楽療法現場での対象者の動きを誘発するための基礎を学びます。音楽はもちろん、様々な教材・教具を活用して演習します。

先輩からのメッセージ

幅広い知識や経験を養える
最良の環境です


音楽療法コースでは、関連領域である医学や心理学、社会福祉などについても学びました。音楽大学なので、音楽の理論をしっかり学び、実技の力も高めることができました。ここで得た音楽の力が、音楽療法を行う上での基盤になりました。実習や卒業論文では、対象児者の変化を分析したり、音楽の使い方を検証したりしました。どんなに準備をして臨んでも試行錯誤の連続でしたが、悩んでいる時には先生方が共に考え、導いてくださいました。これらの経験により、臨機応変に対応する力が身についたように思います。

東京都社会福祉事業団
志村 紗依 さん Sae Shimura
音楽療法コース卒業
千葉県 | 東海大学付属市原望洋高等学校出身

shimura

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP