昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
音楽療法コース
音楽療法コース/大学

応援サイト

イベント情報はこちら
テキストの色がタブに反映されます→文字色

音楽療法コース

医療・福祉・教育、3 領域の実習体制を整え
高い専門性を身につけた人材を育成
音楽と音楽療法の専門性を同時に高める
基礎となるソルフェージュや音楽理論系科目と共に、音楽療法の専門科目や医学、心理学などの関連科目を学びます。ピアノ、声楽、弦・管・打楽器の実技レッスンで演奏技術も高めます。

確実に力をつける充実した実習指導
現場での実践力を身につけるため、学内の音楽療法室Andanteや、学外の医療機関・福祉施設・教育機関で実習を行います。各分野の第一線で活動する教員が、質の高い指導を行います。
▼5つの力で、広く社会で活躍する人材を育成します

音療

2018年3月卒業生 進路決定率 100%
昭和音楽大学は日本音楽療法学会の認定校です
日本音楽療法学会の認定音楽療法士とは、同学会が認定する資格です。所定のカリキュラムを履修すると、日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)の受験資格が与えられます。

<日本音楽療法学会の認定音楽療法士になるには>
日本音楽療法学会の認定音楽療法士(補)を取得し、その後行われる実技・面接試験に合格することが必要です。

※音楽療法とは「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」(日本音楽療法学会の定義)

音楽療法コース カリキュラム

2020音楽療法コースカリキュラム

科目 Pick Up

2017大_施設実習

施設実習Ⅰ
実習を見学し、現場での心構えと観察記録の書き方を学びます。見学後には実習場面を再現して報告会を行います。
(写真は報告会の様子)

音楽療法テクニックⅣ

音楽療法テクニックⅣ
身体表現の基礎や、音楽療法現場での対象者の動きを誘発するための基礎を学びます。音楽はもちろん、様々な教材・教具を活用して演習します。

先輩からのメッセージ

音楽療法士となって
夢が叶いました


病院のリハビリテーション部で、音楽療法士として患者さまの「生きがい」を一緒に見つける仕事をしています。音楽療法の知識、臨床場面での実技、色々な楽器の演奏法など、現場で必要なことは全て昭和音大で手厚く指導していただきました。様々な疾患を持つ患者さまと向き合うためには、今なお勉強が欠かせません。しかし、音楽やレクリエーションを通して笑顔を見ると、自分も自然に笑顔になり、音楽で人と関われる喜びを感じます。皆さんも、好きだと胸を張って言えることを貫いてください。

鶴巻温泉病院 音楽療法士
藤巻 郁実 さん Ikumi Fujimaki
音楽療法コース卒業
静岡県 | 清水南高等学校芸術科出身

2020fujimaki

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP