昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

教育研究上の基礎的な情報 (2019年度)

教育研究上の基本組織

教育目的

昭和音楽大学

昭和音楽大学は、教育基本法及び学校教育法にしたがい、広く知識を授けるとともに、音楽を中心としたさまざまな領域に関する技能、理論及び応用を深く教授研究し、もって広い視野と高い識見を持つ人材育成を行い、文化の向上と社会の福祉に寄与することを目的とする。

昭和音楽大学短期大学部

昭和音楽大学短期大学部は、教育基本法及び学校教育法にしたがい、音楽を中心とした専門の技能、理論を深く教授研究し、実践的能力を備えた教養豊かな人材の育成をもって、文化の向上と社会の福祉に寄与することを目的とする。

人材養成目的

昭和音楽大学

音楽学部
音楽芸術表現学科
音楽芸術表現学科は、国際的な視野をもって幅広いジャンルの音楽作品を創造できる、または舞台等で実践的に活躍できる人材を育成するために専門教育を行う。
作曲・音楽デザインコースにおいては、アカデミックな音楽能力を基盤として豊かな創造力を持つ芸術音楽の作曲家またはコンピューターを始めとするデジタルテクノロジーを駆使した作品を制作できる作曲家を育てる。
サウンドプロデュースコースにおいては、様々なジャンルの音楽に精通し、音楽産業界に幅広く貢献できるクリエイター、プロデューサーを育てる。
指揮コースにおいては、音楽作品に対する洞察力を養い、芸術性豊かな表現を創造する指揮者を育てる。
ピアノミュージッククリエイターコースピアノ指導者コースピアノ演奏家Ⅰコースピアノ演奏家Ⅱコースオルガンコース電子オルガンコース弦・管・打楽器コースウインドシンフォニーコース弦・管・打楽器演奏家Ⅰコース弦・管・打楽器演奏家Ⅱコースは、個々の学修者の目指す将来像を尊重し、ソロやアンサンブルの演奏家、優れた指導者を育てる。
ジャズコースポピュラー音楽コースにおいては、表現技術を総合的に学び、多方面で活躍できる優れたミュージシャンを育てる。
声楽コースにおいては、ベルカント唱法に根ざしたきめ細かい指導により、歌い手としての基礎能力を身につけると共にオペラ教育と海外研修を通じて西欧文化を吸収し、協調性や国際性を養い、個性と創造性豊かな音楽家を育てる。
音楽芸術運営学科
音楽芸術運営学科は、幅広く芸術文化活動を展開できる指導者・スペシャリストを育成するために専門教育を行う。
アートマネジメントコース舞台スタッフコースにおいては、自分自身の美学を持ち、感動を大切にできる運営のスペシャリストやクリエーターを育てる。
音楽療法コースにおいては、音楽療法の専門知識を持つスペシャリスト、ならびに臨床での実践力を併せ持つ音楽療法士を育てる。
バレエコースミュージカルコースにおいては、舞台芸術にかかわる優れた表現者・指導者を育てる。
音楽教養コースにおいては、音楽に関する幅広い領域の専門知識を身に付けながら、独自の個性を社会に生かすことのできる人材を育てる。
大学院音楽研究科
(修士課程)

 
修士課程
音楽とその関連分野における高度な専門教育を行う。専門領域での実践・研究によって専門分野に貢献し、文化・社会の発展に寄与する人材を育成することを目指す。また、国際的な活動を視野に入れ、その基礎となるコミュニケーション能力を培い、他と和してひとつのものを作り上げるアンサンブル力を養っていく。
 
・音楽芸術表現専攻(オペラ、声楽研究、ピアノ 、弦・管・打楽器、電子オルガン 、作曲、指揮)
音楽芸術表現専攻は、音楽を通して自己を表現する優れた人材を養成し、演奏・創作およびその関連分野における高度な専門教育を行う。
学生の専門とする分野に応じ、実践的な研究を通じて、国際的な活動を視野に入れた声楽、器楽のソロ演奏、室内楽、伴奏等の演奏家や作曲家、指揮者、専門技術とコミュニケーション能力をあわせ持つ優れた指導者を育てる。
 
・音楽芸術運営専攻(アートマネジメント、音楽療法)
本学の音楽芸術運営専攻は、音楽に関する知識・技能を応用することで、広く社会や人々に貢献する優れた人材を養成し、実践・研究およびその関連分野における高度な専門教育を行う。
アートマネジメントにおいては、国際的な活動を視野に入れ、芸術文化活動の担い手となる実務家や研究者を育てる。
音楽療法においては、高度な専門的能力を発揮し、医療・福祉・教育等の分野における実践や研究を通して社会に貢献できる人材を育てる。
大学院音楽研究科
(博士後期課程)


 
博士後期課程
音楽とその関連分野において、きわめて高度な知識と教養及び卓越した技能を持って自立して研究を行う能力を備え、将来、この分野における高等教育や高度な学術研究を担うことができる人材を育成する。また、社会や文化に対する広い視野と高い識見をもって芸術文化の未来を展望し、その進展を担うことができる人材を育成する。
 
・音楽芸術表現領域(声楽、器楽、作曲)
音楽を中心とする幅広い芸術領域において、きわめて高度な知識と教養及び卓越した技能を備え、演奏や創作に関する学術的な研究を自立して行うことができ、将来主に音楽の分野における高等教育機関で教育研究を行うことができる人材を育成する。また、学術研究に裏打ちされた芸術作品に対する深い洞察力、社会や文化に対する広い視野と高い識見をもって芸術文化の未来を展望し、その進展を担うことができる人材を育成する。
 
音楽芸術運営領域(舞台芸術政策研究、舞台芸術マネジメント、音楽療法)
音楽に関わる芸術・学術領域において、きわめて高度な知識と教養を備え、舞台芸術政策研究、舞台芸術マネジメント研究、音楽療法研究などの学術的な研究を自立して行うことができ、将来高等教育機関や研究機関において教育研究を行うことができる人材を育成する。また、広い視野と高い識見、学際的な知見をもって芸術文化の未来を展望し、その進展を担うことができる人材を育成する。
 
音楽専攻科
 本学の音楽専攻科は、音楽学部で修得した技術、知識を基礎として、より高度な技術と音楽の専門知識を有する人材を育てる。

昭和音楽大学短期大学部

音楽科音楽科は、各々の専門分野における実践的な能力を備えた教養豊かな人材を育成するために専門教育を行う。
各コースにおいては、基礎を学び多くの実践の場を経験することで、専門性の高い技術・知識を身につける。

教員数

校地・校舎等の施設

学費

寄附行為・役員名簿

国際交流・社会貢献・地域連携等の概要

国際交流

・国際交流パートナーWAYJO
(Western Australian Youth Jazz Orchestra)

ジャズコースでは、2014年度より西オーストラリア・ユース・ジャズ・オーケストラと合同でビッグバンドを結成し、互いの国を訪れて演奏活動を行っています。

WAYJO

社会貢献活動

・アーツ・イン・コミュニティ
音楽大学とその地域との連携を目指した本学独自のプログラムで、学生が音楽を軸とした積極的な文化活動を行う中で、地域貢献と自身の成長を実現する― 「地域と共に育つ」音楽人の育成を目的とし、演奏活動や教育指導、小学校や福祉施設等での音楽活動、企画や運営などを行っています。

地域連携

・県立高校生学習活動コンソーシアム
神奈川県立高校と大学や短大・職業技術校等、専修学校各種学校の教育機関及び企業、研究機関との連携を拡充するとともに、生徒の主体的な学びへとつながる様々な教育機会の提供の充実を図り、神奈川の教育や産業の発展に寄与することを目的として、神奈川県教育委員会が設置したコンソーシアムです。
 →県立高校生学習活動コンソーシアムにかかわる取り組み

・「しんゆり・芸術のまちづくり」
本学のキャンパスが位置する新百合ヶ丘では、芸術施設や人材などの地域資源を活かした“芸術・文化によるまちづくり”を推進しています。
NPO法人「しんゆり・芸術のまちづくり」が主催する、芸術文化関連のイベントを盛り上げる企画を、本学学生が提案し、採用された企画では運営にも関わるなど、積極的な活動により大学と地域との連携を深めています。

・「アルテリッカ(川崎・しんゆり芸術祭)」
音楽、映画、演劇、伝統文化など、さまざまな分野の催しものをそろえた芸術祭として、2009年に始まりました。
毎年 4 月から 5月にかけて開催しており、本学は、地域の大学や劇団、芸術団体とともに主催団体として、自治体や地域の関係者と企画から関わっています。

大学間連携

・日本映画大学との包括連携
2017年3月1日に、日本映画大学と包括的連携協定を締結しました。
教育研究および大学運営等において包括的に緊密な協力関係を築き、連携を深めることで、教育研究活動の充実、教育の質的向上、教職員の資質向上、芸術活動を通したまちづくり等に寄与することを目的として、昭和音楽大学と日本映画大学は、教育研究および大学運営の活性化を図り、大学間の交流を推進するため、相互に協力し、連携を進めています。
 →日本映画大学との包括的連携協定について

産官学連携

・麻生区・6大学公学協働ネットワーク
2012年10月に、川崎市麻生区と本学を含む近隣の 6 大学が協定を締結し、個性豊かで活力に満ちた地域社会づくりに貢献することを目的に、地域に根差した事業を協力して行っています。
知的資源、人材等を有効に活用できるネットワークを構築し、音楽・芸術・福祉・環境・教育ほかその他さまざまな分野において、行政・大学・地域が連携し活動しています。

 <協定校(五十音順)
 昭和音楽大学
 玉川大学
 田園調布学園大学
 日本映画大学
 明治大学
 和光大学
・産学連携講座
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会と連携して、音楽業界で実際に活躍しているプロモーターやアーティストを招き、社会との関わりを学ぶ実学的な授業「ライブビジネスと社会」を展開しており、そこで得た知識や発見を今後のキャリアに活かすことを目指しています。
また、一部を地域住民へ開放しており、学習機会を提供することで地域貢献の一端を担っています。
・指定管理者業務
本学は、劇場等施設の指定管理者として、行政や企業と連携し、企画運営及び管理業務を行っています。

 <川崎アートセンター>
2012年4月より、本学と日本映画大学、(公財)川崎市文化財団の3団体で構成する「川崎市文化財団グループ」は、川崎市アートセンターの指定管理者に選定されました。
川崎市アートセンターは、「アルテリオ小劇場」と「アルテリオ映像館」等の施設を備え、本学では主にアルテリオ小劇場の管理運営、企画立案を実施。多ジャンルの公演を行っています。

 <カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)>
2017年10月川崎駅前に開館したカルッツかわさきの指定管理者として昭和音楽大学と本学関連企業である株式会社プレルーディオが参加しています。
キャスト、演奏者から制作・技術スタッフまで、本学の人材が多く活躍しており、川崎市の芸術文化の拠点として、大学と連携しながらより一層の発展に取り組んでいます。

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP