昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院

学長メッセージ

音楽は人を支え、助け、つなぎます

 昨今、大学を取り巻く環境や社会は大きく変わっています。そのような中で、新たな可能性を切り拓くことができるかどうか。それが今、私たちに問われています。そして、 改めて確認したいのは、音楽の持つ偉大な「力」です。

 建学の精神「礼・節・技の人間教育」には、とても深い意昧があります。音楽の本質に根付く楽理と真実、社会を成立させる調和の精神、すべてを前提としての自助努力、そして全体を支える人間力。建学の精神は、これら4つの音楽の基本的な要素を表現しています。そして、人類が歴史上の幾多の困難を、音楽とともに乗り越えてきた可能性をも示唆しています。

 建学以来80年、本学は実演芸術を中心に音楽の可能性を様々に広げてきました。これまでの歴史と伝統を活かし、音楽・芸術文化の未来をリードする大学となるよう、さらに前進し続けます。音楽は「人を支え」「人を助け」「人をつなぐ」。この素晴らしい「力」を信じ、皆さんとともに。

簗瀬学長

昭和音楽大学
昭和音楽大学短期大学部
学長 簗瀬 進

プロフィール

東北大学法学部卒業後、司法試験に合格し、栃木県弁護士会に弁護士登録。栃木県議会議員2期、衆議院議員2期、さらに参議院議員を2期にわたって務め、衆議院議院運営委員会理事、建設政務次官、公職選挙法改正に関する特別委員会委員長、参議院議院運営委員会筆頭理事、日本国憲法に関する調査特別委員会筆頭理事、参議院内閣委員長、参議院予算委員長などを歴任。音楽議員連盟副会長、幹事長として音楽文化の援興のための学習環績の整備等に関する法律、文化芸術振興基本法、また劇場、音楽堂等の活性化に関する法律等の議員立法にも参画、一貫して音楽振興につとめている。平成26年4月昭和音楽大学教授就任。同年4月から2年間、昭和音楽大学および同短期大学部副学長を歴任、平成28年より学長就任。

GB2021_サイドバナー用
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP