昭和音楽大学 昭和音楽大学短期大学部 昭和音楽大学大学院
短大_音楽教養コース
音楽教養コース/短期大学部
  • 全て
  • 受験生
  • お知らせ
  • 受賞情報
テキストの色がタブに反映されます→文字色

音楽教養コース

器楽、声楽、バレエ、ポピュラー音楽まで
多様なジャンルの音楽芸術を学ぶ
2年間で最大5種の実技が履修可能
主専攻を1種、副専攻を2種選択し、計3種の実技を履修できることが本コースの特徴です。2年次での副専攻変更を含めると、最大5種の実技が修得できます。

幅広く学び、多方面における可能性を追求
入学前に習っていた各種の実技を続けながら、資格の取得や、アンサンブル経験を重ねることができます。さらに学びを深めたい方は、大学への編入も可能です。
 ▼主専攻の実技
 (1種を選択)
 ▼副専攻の実技
 (2種を選択、グループレッスン90分/週1回)
  • ピアノ
  • 声楽
  • 弦・管・打楽器
  • 電子オルガン
  • バレエ(グループレッスン 90分/週2回)
 ※入学試験時に受験した実技科目が主専攻となります。
  • ピアノ
  • 声楽
  • 弦・管・打楽器
  • 電子オルガン
  • 作曲
  • ポピュラー・ジャズピアノ
  • インストゥルメンツ
  • ポピュラーヴォーカル
  • バレエ
 ※主専攻として選択したものを除きます。

音楽教養コース カリキュラム

音楽教養カリキュラム

科目 Pick Up

音楽教養表現

音楽教養表現
一つのテーマについて研究・発表を行い音楽観を深め、アンサンブルも経験します。音楽教養コースならではのユニークな科目です。

作曲家・作品研究

作曲家・作品研究
主要な作曲家の生涯や時代背景を探り、作品について学びます。学生自身による主体的な調査研究およびその発表の機会も設けています。

先輩からのメッセージ

興味のあるテーマを自由に履修できる多様性が魅力

私が学んだ音楽教養コースは科目の選択肢が広いため、興味を持ったテーマを自由に学ぶことができました。私は声楽を主専攻として、副専攻でクラリネットとポピュラーヴォーカルを履修し、さらに図書館司書の資格を取得する司書課程や語学、哲学、DTMも学んだことで、音楽に必要な表現力と、社会で役立つ様々な知識を得られました。在学中に得られた多くのことや自分の声を生かし、演劇やナレーションの分野で活動するための勉強を続けています。

演劇俳優
風間 浩美 Hiromi Kazama
音楽教養コース卒
北海道|札幌大谷高等学校卒

kazama

資料請求
資料請求

受験生NAVI

PAGE TOP

TOP